マスタングの2018年モデルと2017年モデルをスペックやデザインで比べて見た!!

マスタングの2018年モデルと2017年モデルの違いは?

左:2015〜2017年モデル 右:2018年モデル

右の2018年モデルのマスタングをパッと見てみると、エクステリアはどこが変わったのが一見わかりにくくなっています。 1番の変更点は目に見えない部分で、新しく装備された10速オートマチックやマグナライドダンパーテクノロジーなので、見た目では分かりません。しかし、上記のように左右で並べると2015〜2017年モデルとの違いが一目瞭然です。 こう並べてみると、まず見て取れるのが2018年モデルには新しいフロントマスク、バンパーが採用され、少しシャープな印象のエクステリアに変わっています。

新しいフォード・マスタングは細部にこだわっていた

「神は細部に宿る」という言葉がありますが、細部の改善を行っているあたりで2018年モデルは完成されたマスタングと言ってもいいのではないでしょうか。 エンジンフードとグリルはエアロダイナミックの為に新デザインに変わり、それに伴いLEDヘッドライトやホイールのデザインも新しくなりました。 インテリアにはFord’s Sync 3インフォテインメントシステムを採用した12インチのLCDディスプレイが装備されています。ディスプレイは大きいほど表示領域も増えますし、CarPlayの操作性もかなり向上されているでしょう。 オーディオ周りはあまり変更がありませんが、逆にこれまでと同じような直感的な操作性をキープしたと言えます。 さらに細かい部分となりますが、ハンドル周りのスティッチなどが変更されています。 そしてドアノブやベゼルの素材がアップグレードされ、アルミがトリムに採用されています。これらの変更により、かなり高級感が増しています。

ライバル車種を意識したグレードアップ

今回のマスタングはライバルであるシボレーカマロを牽制し、さらに高みへと上り詰める為に作られたモデルといってもいいほどの出来となっているのではないでしょうか。 アメリカ企業はときおり抜本的な部分で革命的な変更を起こすことも得意ですが、今回のようなマイナーチェンジでより高品質な車両に変えることもできるのだというのを証明されたようです。 日本での購入が難しくなった分、より人気が出る可能性すらある1台ですね。

2018 Ford Mustang Vs. 2017 Mustang: A Side-By-Side Comparison

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション