スズキ ソリオ バンディットの魅力とは

ソリオは現在で4代目となる、コンパクトトールワゴンを代表する車です。最初からソリオではなく、コンパクトトールワゴンというジャンルを作ってきたのがこのソリオなのです。今回はソリオとの違いを比較しながらソリオバンデッドの魅力を解説します

「スズキ ソリオ バンディットの特徴」  

スズキ ソリオ バンディットの特徴①

スズキのソリオ:バンディットはコンパクトハイトワゴンという部類の車両となっており、広義では1.5リッター以下2列座席を有する5ドアワゴンとされています。å このコンパクトハイトワゴンは様々な車種が存在していますが、その中でもトップクラスの低燃費を誇る車種となっているのが特徴です。 国土交通省の審査値として算出しているJC08モード燃費では、リッター当たりで脅威の32kmをマークしているのです。  

スズキ ソリオ バンディットの特徴②

気軽に思いついて行動に移せる気軽さを兼ね備えた車として、それまでのドライバーの行動パターンを飛躍的に広げることが出来る魅力を持っていることが挙げられます。 同乗者が快適に過ごすことができる両側電動スライドドアによる乗降のしやすさや、センターピラーへの取っ手の設置、そして乗り降りしやすくステップ部分の車高を低く抑えているのです。

スズキ ソリオ バンディットの特徴③

全方位モニター完備と前述した両面スライドドアによる駐車性能の格段の向上と容易さを実現しており、車の頭上から全体を見下ろして操作できるアラウンドビューモニターも標準装備しているのです。 これによって車庫入れに自信のない方や雨および夜間などの視界が悪い場合でも、安定した視認性の良さを発揮して安心して車を操作することができるのです。

「スズキ ソリオ バンディットの歴代モデル」

スズキ ソリオ バンディットの歴代モデル①

2005年に販売開始されたスズキのソリオ:バンディットですが、初代モデルから2代目に至るまでは軽自動車から排気量を1.3リッターへ上げて現行モデルとなるコンパクトハイトワゴンと呼ばれていて様々な路線変更や室内空間の見直しなどによる基本システムに準じた方向性が若干変わってきました。 室内空間の改善をあらゆる場所で実施することによって、それまでの軽自動車からワゴンとなった方針変更だけではない快適性が発揮されているのです。  

スズキ ソリオ バンディットの歴代モデル②

それまでのワゴン初心者的な構造からハイブリッド化やデュアルカメラによる安全性能の向上、そしてブレーキサポート装着車などの様々な車種をパーソナルユースのモデルとして展開することによって、飛躍的な進歩を遂げたと言えます。 この進歩は初代から改善されてきたいろいろな見直しを実行することによって、独自に成長を遂げることが出来たといえるのです。

「中古車価格について」  

スズキ ソリオ バンディットの歴代モデル①

初代モデルから室内空間と排気量の2点を見直すことによってコンパクトハイトワゴンとしての用途の明確性が受け、中古車市場での人気もかなり高くなっておりました。 2代目からの中古車市場による流通価格としては、150万円から200万円ほどで推移しております。

スズキ ソリオ バンディットの歴代モデル②

快適性を求めて中古市場に目を向けるパーソナルユースが多いのが特徴ですが、2輪駆動から4輪駆動までの選択性や豊富なオプション装着車を目的としてチョイスしてくるユーザーに根強い人気を博しているのが特徴となっているのです。

「マイルドハイブリッドMXモデルがおすすめ!」  

それまでの路線からは一線を画す劇的な燃費性能が売りであり、快適なカーライフを送る為の装備や性能をフル活用することによって所有する満足感を得ることができるのです。

おすすめモデルの燃費

ソリオ:バンディットのJC08モードの燃費性能ですが、2輪駆動モデルでリッター28kmを達成しております。 燃料タンク自体は30リッターちょっととなりますが、一回給油することで100km近い巡航が可能になることから、気軽にドライブへ出掛けた場合でも燃料残量を気にすることなくアクティブに行動できるのがポイントとなっているのです。

おすすめモデルの維持費

■年単位でかかる費用

・自動車税:34,500円 ・車検代:14万円ほど

■毎月かかる費用

・ガソリン代  (1年1万km&カタログ燃費×レギュラー120円):37,500円

・駐車場代:自己所有により無料  

・任意保険代(年齢50歳、免許証ゴールド、30歳以上限定、家族限定、車両保険無し、継続で申込、年間走行距離11000km以下):18,000円ほど

「マイルドハイブリッドMXモデルについていてほしいオプション」

オススメオプション①

デュアルカメラブレーキサポートシステムがメーカーオプションとして設定されており、誤発進抑制やレーンキープ機能、そしてふらつきや先行車が発進したことをドライバーに伝える機能などを備えております。 これによって安全運転を行なう上での様々な快適装備がひとつになってオプション設定されており、価格としては6万円ほどと多機能にもかかわらず安価な価格設定となっているのです。  

オススメオプション②

ソリオ:バンディットには駐車する際の全方位サポートするカメラパッケージとして、45,000円ほどの価格でオプション設定することが出来る機能は非常におすすめとなります。 この機能をハンドルに設置されるスィッチによって操作することが出来るので、余計な視点移動によるトラブル発生や安全対応確認する為に危険となってしまう矛盾を解消することはとても快適でドライバーに配慮された内容となっているのです。

「まとめ」

スズキのソリオ:バンディットは軽自動車からボアアップしてのコンパクトハイトワゴンという言葉を生み出した快適モデルとなっており、運転を楽しむ為に様々な改善がなされてきたことはパーソナルユースとしての方針を明確に定めることが出来たといえます。 様算名用途に応じたモデルやグレードを設定することと、低燃費をすべてのモデルで意識した作りとすることで運転の幅が確実に広がったといえる秀逸モデルなのです。 前述した快適内容を多く備えながらも、実際の販売価格がとてもリーズナブルに設定されているのでとてもお買い得な車両になってるのです。

この記事を読んでソリオ バンディット乗り換えようかなと思われた方、次の車を購入する前に現在お乗りのお車を高く売るには、今までの売り方とは違う新しい売却のカタチおまかせ出品がおすすめです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら