走りを追求した【スバル インプレッサg4】その魅力とは

インプレッサg4はスバルが世界戦略のために最新技術を仕様した車で安全性、走行性共に高い人気を得ています。一体どのような進化を遂げたのか?スバルインプレッサg4の購入前に知っておきたいポイント等をまとめましたので紹介していきます


「スバル インプレッサ g4の特徴」 

スバル インプレッサ g4の特徴①

スバルが世界に誇る水平対向12気筒の高性能エンジンは、他の追随を許さないオリジナルな強味となっています。 新開発のスバルグローバルなプラットフォームを基調としているので、より質の高い走行性能を保持すると共に国産車としては国内初となる歩行者の保護を目的としたエアバッグを装備しています。  

スバル インプレッサ g4の特徴②

国産車で非常に信頼性の高い運転支援システムであるアイサイトをはじめとして、細部にまで拘った多くの安全装備をディーラーやメーカーオプションではなく標準装備しているのは大きな特徴となっています。 徹底した安全性をクローズアップした場合に、文字通り世界トップレベルの安全性能を実現しております。 卓越した安全性能に特化しており、車両形状の最適化やドアミラー位置の見直しなどによる全方位における死角を徹底的にゼロに近い数値を図りました。 いかに危険をいち早く察知することができるかを追求した結果で、運転者の視覚だけでは対処が遅れるコーナリングや右左折時の安全確認や後退時にも安心して運転することができるなどの優れた視界性能を確保しております。 運転手がより各種操作に集中することができるようにする配慮が、さまざまな局面で発揮することが出来るのも大きいな特徴と言えます。 各種スイッチについても少ない視線移動で確認することができて、且つステアリングから手を離すことなく操作できる大型のディスプレイは非常に便利です。 最小限の視点移動で直感的に操作することができる各種操作媒体や、人体にジャストフィットするステアリングの形状など、人間工学に基づいた配慮を以って展開しているのも隠れた強味なのです。  

スバル インプレッサ g4の特徴③

卓越した走行性能は2リッター以下の車両でありながらも150馬力を超える高性能且つ高出力エンジンを擁し、加えて4輪駆動をフルタイムで備えながらも燃費性能が高いという利点ばかりを兼ね備えている車といえます。 ターボを搭載すれば走りはさらに加速する可能性はなくはないですが、それを凌駕してしまう水平対向エンジンの完成度はスバルオリジナルの技術なのです。 さらにターボを搭載しないことによって、その分低燃費に貢献できると言うメリットもあるのです。

「スバル インプレッサ g4の歴代モデル」  

スバル インプレッサ g4の歴代モデル①

1992年から2016年までの間で様々な改良が加えられてきたスバルインプレッサですが、より充実した運転性能と装備によってリーダーシップを取ってきたといえます。 セダンタイプからワゴンタイプまでの用途に応じたモデルを提供してきましたが、どの歴代モデルでも卓越した走行性能と安全性を究極まで高める企業努力が反映されてきたのです。  

スバル インプレッサ g4の歴代モデル②

これまでに4代に渡る歴代モデルが業界をリードしてきた訳ですが、とりわけ世界中から注目されるようになったきっかけは世界ラリー選手権(WRC)です。 これによって強烈な存在感を全世界へアピールした訳ですが、評価ポイントとして世界が驚愕したのはその走行性能だけでなく過酷な条件下でもまったくトラブルとならない走行性能と安全性でした。 それがスバルインプレッサの名を世界に誇れるブランドとして大成功を収めた要因であり、歴代モデルが受け継いできた伝統の継承となったのです。

「中古車価格について」  

スバル インプレッサ g4の歴代モデル①

スバルインプレッサの中古市場の動向ですが、現在の価格帯は30万から300万ほどで推移しております。 もちろん歴代モデルが4代もあるので年式やグレードなどによって価格差が生じるのは当然ですが、特筆すべきは丈夫なエンジンとボディ剛性にあると言えます。  

スバル インプレッサ g4の歴代モデル②

低価格帯の車両でも他の車両と違って目に劣るエクステリアとはならないので、どのグレードで予算取りをした場合でも車両自体の完成度を体験することができるはずです。 実際に中古車市場を見た際に、走行性能や不具合の少ない丈夫なエンジンを兼ね備えた車両を確認することが可能となっているのです。

「2.0i-S EyeSightモデルがおすすめ!」  

リード文:スバルインプレッサg4には3種類のラインナップが用意されてますが、2.0i-Sの高い運転性能と高性能な水平対向エンジンとのマッチングはまさに最強クラスといえます。 そして走行面だけでなく徹底した安全面にも拘った内容については、居住性と同様にオーナーに所有する喜びと満足感を兼ね備えた数少ない車であると言えるのです。  

おすすめモデルの燃費

2.0i-Sの燃費ですが、国土交通省で認められているJC08モードでは4輪駆動車で15.8km、2輪駆動車では16kmとなっております。 軽自動車でアイドリングストップを搭載していないモデルとほぼ同じかより高い性能で走行距離を長くすることに成功しているのは、2リッタークラスの中ではかなり異例と言えます。  

おすすめモデルの維持費

日本国内の自動車税や燃料代、そして車検や自動車保険にかかる料金の総合的な部分の話しとなります。 少し前まで国産車の主流は2.5リッターセダンであり、それまでの3リッター車と比較した場合に税金が安い傾向となってました。 但しそのレベルを更に引き落として2リッターとしたことによって、更に維持費が低減されることになったのです。

「2.0i-S EyeSightモデルについていてほしいオプション」  

オススメオプション①

運転者支援システムの代表格であるアイサイトですが、さらに視覚拡張を盛り込んだセイフティプラスは車両感覚に自信のない初心者ドライバーなどでも安心して運転することのできるオプションといえます。 視界拡張と運転支援とした場合の価格も7万から8万円と、安全性との引き換えにはなんら問題のないレベルといえます。  

オススメオプション②

サンルーフは快適なドライブを演出するアイテムとしては、まさに最強装備であると言えます。 運転者支援や視界拡張が基本的な部分での必須アイテムであるならば、居住空間としての役割りをレベルアップする為には必須装備であると言えます。 こちらはオプションとして20万ほどとなりますが、ぜひともチョイスしていただきたい内容となってます。

「まとめ」

高出力を車両の物理的負担なしに捻出するスバルインプレッサですが、そんな高レベルな車両にさらに次世代運転者支援システムとなるアイサイトを標準装備していることは大きな魅力です。 またステアリングに連動したヘッドライトなど、全体を通じて運転者への細やかな配慮に長けている点が最大の利点なのです。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

【Ancarに掲載中のおすすめ車両】