【BMW M5】セダン最高のスペックで最高の走りを実現

この記事では、BMW M5のスペックから、どのようなこだわりを持って作られている車であるのかを紹介しています。M5の購入を検討している方や他車と比較して検討するつもりである方には参考になる記事です。

BMW M5とは

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m5-sedan/2017/at-a-glance.html

BMW M5は、BMWのハイパフォーマンスセダンです。M5は、BMWのミドルクラスセダンである5シリーズのパワーアップ版ともいえるモデルです。BMWのモータースポーツ部門であるMが開発を担当しています。BMWのセダンとしては、最高スペックを持っているモデルです。最新型では、Mモデルのセダンで初めてとなる四輪駆動を採用しています。この四輪駆動システムは、MxDriveという名称です。もともとM5はスポーティーな走行性能と上品なデザインを両立させていたモデルですが、四輪駆動システムを採用することでさらにどのような路面でも快適に走ることができるようになりました。これは、今までのMシリーズにはない特徴であるため、魅力度を高めているポイントです。

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m5-sedan/2017/at-a-glance.html

これまで5世代販売されてきましたが、新型は6代目になります。変更点としては、ボディーの大型化や前述の四輪駆動システムの採用、軽量化、600馬力を超える高出力エンジンの採用など、これまで以上にハイスペックなモデルに仕上がっています。

新型M5の外観と内装

新型M5の外観は躍動美にあふれている

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m5-sedan/2017/at-a-glance.html

新型のM5のエクステリアはとても躍動美にあふれています。BMWの象徴ともいえるキドニーグリルは大型化されていて迫力があります。フロントバンパーの開口部分は、エンジンの冷却性能を上げるために大きく開いているのも特徴的です。ボンネットはアルミニウム製で、ドアミラーも専用の物が使用されています。マフラーは4本出しでスポーティーな印象を受けます。ルーフもカーボンファイバー製で、一目見て通常の5シリーズとは違うことがわかります。もちろん、Mモデルである証であるMのマークがついています。ボディーサイズは先代より大きくなりましたが、車重は125kgも軽くなっています。

新型M5のインテリアデザイン

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m5-sedan/2017/at-a-glance.html

M5は、通常の5シリーズに比べてエクステリアもスポーティーなイメージに仕上がっています。センターコンソールには大型の画面が配置されていて、そこで車両に関するあらゆる情報を表示させることが可能です。設定等もそちらで行えるので便利です。運転席と助手席のシートは、バケットシートではありませんが、バケットシートのように左右が突き出していてがっちりと体を固定してくれるようになっています。エンジンのオンオフのボタンなど、内装の一部に赤を使っていますが、これがスポーティーさを引き出しています。その他上質なレザーやカーボンも多めに使われていて高級感があります。

新型M5の性能やスペックについて

エンジンや駆動系のスペックについて

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m5-sedan/2017/at-a-glance.html

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら