モデルチェンジにより安全性が高まったレクサスctの魅力

レクサスCTのモデルチェンジが2017年に行われます。世界初公開されたプロトタイプモデルとプレスリリースで分かった事は「レクサス・セーフティ・システム+を搭載」「ナビが大型化」など、今回はレクサスctのモデルチェンジについてまとめました。


「レクサス ctの特徴」

レクサスエントリーモデルとして登場 レクサス ctは、トヨタの高級車ブランドレクサスのエントリーモデルとして2011年1月に登場しました。5ドアハッチバックスタイル、駆動方式はFF、パワートレインは3代目プリウスと同じハイブリッドシステムが搭載され話題となりました。プリウス並の低燃費性能を誇りながら、高級感は遥かにプリウスを凌駕し、しかもスポーティ。レクサスの中では格安な価格設定であることから若い世代にも人気があります。 6年半目のマイナーチェンジ 2017年8月に、登場から6年半目のマイナーチェンジが行われました。大きな変更点はなく、エクステリアの小変更と、自動安全システムである「レクサスセーフティーセンスプラス」がオプションから標準装備となったことが主な変更点となります。新型プラットフォームの採用はパワートレインの変更はありません。これは次期フルモデルチェンジのときになりそうです。 安全性の向上 今回のマイナーチェンジの中心は、自動ブレーキを中心とした自動安全システムの「レクサスセーフティーセンスプラス」が標準装備化されたことでしょう。今後、自動ブレーキなどの安全装備は他のクルマでも標準装備化されることが予想されていますが、高級ブランドのレクサスはいち早くそれを開始したということです。

「レクサス ctの主なグレード」

トップグレードのversion L レクサス ctは装備の違いによって主に三つのグレードに分かれます。エンジンはどのグレードも同じです。トップグレードのversion Lは17インチアルミホイールが装備され、本革シートが標準装備となります。複数の内装色から選ぶことができるのもversion Lの特徴です。 スポーツグレードのF SPORT F SPORTは専用のスピンドルグリルとリアスポイラーが与えられ、他のグレードとの外観上の差別化が図られています。また、足回りについても専用サスペンション&チューニングが採用され、よりスポーティな走りを可能としています。17インチアルミホイールも専用デザインのものが与えられています。 廉価グレードのCT200hとversion C 廉価グレードは400万円を切る、税込み377万円という価格設定となっています。本革シートやアルミホイールも15インチとなりますが、レクサス ctの魅力の一つでもあるプリウス譲りの燃費性能でJC08モード燃費はリッター30キロを超えます。廉価グレードのCT200hに対して16インチのアルミホイールなど若干装備をグレードアップさせたversion Cも、400万円以下の価格設定となっています。

「エクステリア・インテリア」

エクステリアの変更点

エクステリアで変更されたのはレクサスの顔でもあるスピンドルグリルが新デザインとなったことです。メッシュタイプのグリルは立体感や躍動感があり目を惹きます。またヘッドライド及びリアランプがよりシャープでスポーティなデザインとなりました。これにより全体の印象が非常に引き締まり、高級感も増しています。

インテリアの変更点

インテリアについては、大きな変更点はありませんが、液晶モニターが若干大型化され見やすくなりました。車内の高級感はレクサスの名に恥じないものです。特にシートの素材が高級で、内貼りに使われている素材とも相まって、車内の雰囲気を高めています。

「燃費について」

3代目プリウスと同じハイブリッドシステムが採用されています。エンジンは最高出力73 (99) kW (PS)/ 5,200 r.p.m.、最大トルク142 (14.5)N・m (kgf・m) / 4,000r.p.m.を発揮する2ZR-FXE型直列4気筒1.797ccエンジンが搭載されています。そこにモーターが加わり、燃費はCT200hが30.4km/L、他のグレードは26.6km/Lとなっています。実質的にも20km/L前後は可能でしょう。

「維持費について」

レクサス ctの維持費はハイブリッドのメリットにより、非常に安く抑えることができます。ガソリン代は月1万キロ走行したとしても5000円前後に抑えることができます。また、免税措置の恩恵を受けることができるので、新車購入時や車検時にも同じ1800ccクラスのクルマと比較すると経済的です。

「新車価格・中古車価格について」

「グレード別新車価格」

version Lの価格は税込み4,770,000円、F SPORTは税込み4,400,000円、version Cは税込み3,990,000円、そして廉価モデルのCT200hは3,770,000円となっています。

「値引き情報について」

レクサスはどのモデルも値引きはありません。値引きをして売るクルマではないという考え方がどの店舗でも統一されています。ただし、下取りがその分少し高く提示されたり、オプションなどでは割引も可能です。また、購入後はラウンジサービスを受けることができます。

「中古車相場について」

レクサス ctは中古車市場において非常に人気があります。そのため買い取り価格は高値が維持されています。それにより、中古車の販売価格の相場も高値が続いています。平均価格は229.4万円、年式が5年落ち以上になると、200万円を切ってくる中古車も増えてきます。

「おすすめのオプション3選」

サラウンドシステム おすすめのメーカーオプションとしてマークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム(221,400円)があります。音質がアップし、臨場感も高まります。音楽が好きな人にはおすすめのオプションです。

ムーンルーフ (チルト&アウタースライド式) 解放感を味わいたいなら、ムーンルーフ (チルト&アウタースライド式)もおすすめです。価格は108,000円とそれほど高額ではありませんが、ルーフが解放されることにより爽快なドライブが可能となります。

ロングラゲージマット ディーラーオプションとしておすすめなのがロングラゲージマットです。ラゲッジスペースを傷や汚れから守ってくれるので、荷物を載せる機会が多い方には便利です。リアシート部分も覆うことができので、一体感があり見た目にもきれいです。

「まとめ」

レクサスのエントリーモデルであるctの魅力は、レクサスの高級感とスポーティな走りを、プリウス並みの低燃費と維持費で所有することができることです。購入してからの維持費が安いというのは、一般の高級車の場合とは逆なので、購入後が楽です。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら