【マツダ フレア クロス オーバー】OEM軽自動車の魅力を徹底追及

マツダフレアクロスオーバーはスズキが製造しマツダに供給しているOEM軽自動車です。OEM車とは一体どんな車なのでしょうか?今回はマツダフレアクロスオーバーをスズキのハスラーと比較しながら性能、価格などOEM車について解説していきます。


「マツダ フレア クロスオーバーの特徴」  

マツダ フレア クロス オーバーの特徴①

軽自動車でありながらも前席に設けられたシートヒーターや様々な運転モードにおけるシチュエーション毎のヘルプ機能を網羅しているのがフレアクロスオーバーの最大の特徴であると言えます。 坂道発進時に後退しないように2秒間ブレーキが自動で制御されたり、雪道などでハンドルを取られやすい状況下においても優れた対処法を自動で発揮いたします。  

マツダ フレア クロス オーバーの特徴②

滑りやすい路面などでスリップが発生した車輪自体に対して、ブレーキ制御を早めた指令を行なってグリップ側の車輪に駆動力を集中制動させるのです。 上記2項目の対応を行なう事によって、コンピュータ制御による日頃の安全性能をフォローします。 フレアクロスオーバーに標準搭載された、安全性能関連を推移させることも検討されております。  

マツダ フレア クロス オーバーの特徴③

いろいろなシチュエーションでのドライビングは車の顔であり、それをフォローする形でフレアクロスオーバーらしさを最大限にアピールすることが重要です。

「エクステリア・インテリア」  

マツダ フレア クロス オーバーのエクステリア

マツダのフレアクロスオーバーが目指すエクステリアと方向性については、ドライバーが安心して身を任せることが出来る各種の安全性能を見越した衝突安全ボディを標準装備しているのです。 その安全性能を存分に活かした上で、アクティブな走行性能と駆け抜ける気持ちよさに特化しております。  

マツダ フレア クロス オーバーのインテリア

コンパクトにまとまった運転席周りからインパネにかけてですが、最低限の機能美と操作性を両立させているのが特徴となっております。 またアイデアを満載した収納スペースの再検討として、開発当初からいろいろなタイプの小物入れもしくはちょっとした空間をも有効活用することが出来るのは非常におすすめなカーライフスタイルであると言えます。

「中古車価格について」  

マツダ フレア クロス オーバーの歴代モデル①

マツダフレアのクロスオーバーモデルは2014年の販売開始となっており、比較的最近の購入部類で流通しているのが特徴となります。 中古車市場においても前身となるモデルがほぼ無いところから、新車としての価格帯がそのまま少々値下がりした内容で販売されているケースが多いのです。 最多価格帯としては80万円から120万円ほどで推移しており、その時々のモデルや走行年数などによっても市場価値に変動が生じることになります。  

マツダ フレア クロス オーバーの歴代モデル②

初代モデルは大きいヘッドライトや車高が高めのオフロード仕様を意識したモデルとなっておりましたが、現行モデルとなってからは街乗りが似合うシティライク的な車となっているのです。

「XTモデルがおすすめ!」  

リード文:フレアクロスオーバーのグレードの中でももっとも力強い走りを演出して、ドライバーを異次元ゾーンにいざなう程の強烈なイメージとなるターボエンジンを搭載したモデルは人気が集中しております。 また極上な走りとは対極となる居住性の高さや、優れた燃費性能などが挙げられます。 そしてマツダのフレアクロスオーバーには、実際にハンドルを握った状態でアクセルを踏み出してみないとわからない洗練された性能をすべて認識することは難しいのです。  

おすすめモデルの燃費

マツダフレア:クロスオーバーのコストパフォーマンスですが、国土交通省が推奨するJC08モードの燃費性能ではリッター当たり22kmを達成しております。  

おすすめモデルの維持費

■年単位でかかる費用 ・自動車税:軽自動車の自家用として7,600円となります。 ・車検代:10万円ほどでかなり割高なイメージですが、知り合いのガススタンドで対応してもらってるので、一般的な車検作業費用と検査項目には少々違いが生じているのです。 対応に対する検査項目の追加分となりますが、実際のコンパクトなデザインをとは想像できない走行性能と居住性を併せ持っているのです。

■毎月かかる費用 ・ガソリン代(1年1万km&カタログ燃費×レギュラー120円)は前述してある内容から判断すると年間のガソリン代としては6万円弱ぐらいかかっております。 ・駐車場代:自己所有なので駐車場代はかかりません。  任意保険代(年齢43歳、免許証ゴールド、30歳以上限定、家族限定、車両保険無し、新規で申込、年間走行距離10000km以下):19000円/月

「XTモデルについていてほしいオプション」  

オススメオプション①

走りを追求したターボモデルであるXTですが、その走りを際立たせるオプションアイテムとなるとやはりインテリア系になります。 走りに特化した形での特性ステアリングであったり、インテリアのパネルカバーを丸ごと好みの色合いに変えることで室内空間の環境改善を意識的に対応することも大きなセールスポイントのひとつなのです。 ステアリングが2万円でパネルカバーは3万円となってます。  

オススメオプション②

エアロパーツでは走りの空力値を低く抑えることを目的とした、いろいろなパーツを後付けオプションとして取り付けることができることで自分のオリジナルティをカスタマイズすることが可能となっております。 また個々のパーツは削りだしなどで本体車両にジャストフィットするので、装着後のトラブルとなるケースがほぼ皆無となっております。 価格帯としては30万円前後かかってしまいますが、オリジナリティを追及する姿勢がフレアクロスオーバーの本来の持ち味となっているのです。

「まとめ」

最近では所轄の警察署で盗難車かを管理しているNシステムというものがあり、走行中の車両ナンバーから履歴を参照すること出来るのが特徴となっております。 本格的に車の運転を行なうのは週末ぐらいとなっており、それ以外の平日では家族が買い物などの街乗り運用がメインとなっております。 居住性のことを視野に入れるとやはりインテリアを充実させる、さまざまなオプションは必要なアイテムとなります。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら