アウディのエントリースポーツ「TT」その魅力とライバル(ポルシェ ボクスター)との比較

アウディTTとは?

円と曲線を多用した独特なデザインに2ドアクーペおよびロードスターの2種類のボディを備えたアウディの小型スポーツカー、それがTTです。 基本的にはフォルクスワーゲン(以下、VW) ゴルフやアウディ A3のプラットフォームやパワーユニットを流用しており、駆動方式も同じくFF(フロントエンジン・前輪駆動)または、アウディが得意とするフルタイム4WD「クワトロ」。 普通の乗用車、それも大衆車クラスをベースにスポーツカーボディをまとったという意味では、日本でもかつて販売されていたトヨタ セリカなどと同じ「スペシャリティカー」だと言えます。 しかし、セリカが実際にレースやラリーで活躍したのを見てわかる通り、大衆車ベースとタカをくくってはいけません。 当然スポーツカーとして成立するだけの装備がほどこされていますし、VWグループ内でコンパクトプレミアムスポーツとしての役割が求められている以上、それに相応しい高級感も持たせられています。 2代目以降は他のアウディ車、それも1ランク上の高級感を持たせたフロントマスクに変わっており、より精悍さを増しています。

同グループのポルシェ ボクスター / ケイマンとの違い

VWグループ内で濃いスポーツイメージを担っているのはポルシェですが、そのメーカーとしての関係性(VWは元々ポルシェの創業者と言えるフェルディナント・ポルシェ博士が作ったタイプ1「ビートル」のメーカーとして始まった)は、アウディより長い歴史を持っています。 ただし、歴史的関係性はともかくとして、メーカーとしては21世紀に入ってからVW傘下に入ったポルシェと異なり、1960年代にVW傘下に入ったアウディの方がVWとの共通点は多く、対してポルシェは独自性を保ってきました。 現在でもSUVのカイエンを除けばVWグループ内で共通化されたポルシェ車は無く、エントリースポーツカーのボクスター、あるいはそのクーペ版ケイマンは、アウディTTとの共通性を全く持ちません。 内外装にかの「911」とパーツやイメージを共有し、ややランクは下がるものの同じ水平対向6気筒、あるいは4気筒エンジンを搭載したミッドシップ・ピュアスポーツがボクスター / ケイマンです。

ミッドシップスポーツ対FF / 4WDスポーツ


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら