日産がNASAに自動運転技術をフィードバック!え!逆では無い?

日産とNASAのパートナーシップ」という驚き

 

2015年1月に日産とNASAが自動運転車の共同研究開発を行う5年間のパートナーシップ協定を結んだと発表した時、もしかしたら当然かもしれないと受け止めた人もいたかもしれませんが、驚いた人が大半だったのではないでしょうか。

何しろ相手はあのNASAです。

アポロ計画の頃から月面探査車を走らせ、火星探査でも2台の探査車を送り込んで、耐用期限を過ぎてからも火星表面の画像を送り続け、実に興味深い発見の連続をもたらしている。現在の地球上で「宇宙で車を走らせる事なら右に出るものはいない」とも言える組織なのですから、日産から教わる事はあるのでしょうか。

しかし、そこには同時に、NASAだからこそ行き着いた限界点と、今まさにそれを乗り越えようとする自動車メーカーという関係があるのでした。

初の無人探査車はソ連のルノホート

 

1970年に初めて月に探査車を送り込んだのは当時のソヴィエト連邦でした。

本来ならアメリカと競争するように推進していた月有人探査ミッションのために開発されましたが、アメリカに先を越され、月への宇宙船やロケットの開発も遅れた事から無人ミッションに切り替えられ、「ルノホート1号」と「ルノホート2号」の2台が送られています。

各種観測機器を搭載して遠隔操作で動くロボット車でしたが、1990年代にNASAが火星探査車を送るまでは唯一の無人惑星探査車でもありました。

初の有人惑星探査車はポルシェ設計

 

その後1971年のアポロ計画では、ポルシェが設計し、ボーイングが製造した有人式の探査車が使われました。

それ自体は探査機としての能力を持たず、月面に降り立った宇宙飛行士のための電気自動車として開発・製造されましたが、宇宙飛行士が運転できる反面、いざ故障すると着陸船まで歩いて帰らなければいけないため、無人車と比べるとかえって行動範囲が狭くなってしまったのです。

結果、探査用(特にまだ人類が降り立っていない星の探査用)としては無人車の方が向いているとされました。

火星に行った「スピリット」の教訓

 

1990年代以降、NASAは4台の無人探査車を送り込み、そのうち2台目の「スピリット」が、技術的困難による「砂地でのスタック」により移動不能となって失われました。

基本的に無線での指示を受けて行動する無人探査車とはいえ、火星との距離は遠く無線の到達時間も長いため、探査車はある程度のコマンドを受け、指示された座標に向け自動運転でたどり着きます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら