空気圧を高くするのは良くない!?タイヤ空気圧に注意しましょう!

そのタイヤの空気圧、正常ですか?

タイヤの適正空気圧というものは車によって異なります。 大抵は運転席のドアを開けると、車体側のドアで隠れていた部分にタイヤの適正空気圧が印刷されたステッカーが貼ってあり、そこで判断することが可能です。 (車種によっては、取扱説明書にしか記載が無いかもしれません) 自分の車が履いているタイヤサイズがわからないという人もいると思いますが、市販されているタイヤなら側面にメーカー名やブランド名などとともに、「195/50R-15」などとサイズが書いてあります。 インターネットなどで純正タイヤのサイズを検索する方法もありますが、中古車ではもちろん、新車でもオプションで標準と違うサイズのタイヤを履いていることもありますし、実物を確認する方が無難です。 タイヤサイズがわかれば、あとはそれに対する適正空気圧を確認し、調整すればOK。 方法のわかる人はセルフ式のガソリンスタンドに自分で調整できるエアタンクや空気圧調整装置が置いてありますし、わからない人は有人スタンドで給油のついでに、タイヤの空気圧調整をお願いしても良いでしょう。

タイヤ空気圧が低すぎることの弊害

タイヤの空気というものは、通常の空気を入れている限り、少しずつ抜けてしまいます。 タイヤを構成しているゴムなどの素材は一見ガッチリ密閉しているようでも、その密度より空気を構成している気体の方が分子密度が少ないので、すり抜けてしまうからです。 また、気温の変化で体積が減少してしまうため、:寒い時の方が空気圧が低くなります。 冬季など寒い季節は、冬タイヤに交換しなくとも空気圧が適正値より下がっていないか、寒い時ほどチェックした方が良いでしょう。 そうしたチェックを怠って低い空気圧のままで走っていると、良いことはありません。

空気圧が低いことによるデメリット

・タイヤが潰れて接地面積が増えて転がり抵抗が増してしまう。 ・カーブなどでタイヤに力がかかった時に変形して、変なところでスリップなどの原因になる。 ・抵抗の増加でタイヤの熱が上がりやすくなるためゴムなど素材に悪影響を及ぼし、損傷の原因になる。 ・段差に乗り上げた時などに衝撃を吸収しきれず、タイヤの構造を痛める可能性がある。 ・タイヤの片摩耗(片減り)の原因になる。

タイヤ空気圧が高すぎることの弊害


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら