空気圧を高くするのは良くない!?タイヤ空気圧に注意しましょう!

そのタイヤの空気圧、正常ですか?

タイヤの適正空気圧というものは車によって異なります。 大抵は運転席のドアを開けると、車体側のドアで隠れていた部分にタイヤの適正空気圧が印刷されたステッカーが貼ってあり、そこで判断することが可能です。 (車種によっては、取扱説明書にしか記載が無いかもしれません) 自分の車が履いているタイヤサイズがわからないという人もいると思いますが、市販されているタイヤなら側面にメーカー名やブランド名などとともに、「195/50R-15」などとサイズが書いてあります。 インターネットなどで純正タイヤのサイズを検索する方法もありますが、中古車ではもちろん、新車でもオプションで標準と違うサイズのタイヤを履いていることもありますし、実物を確認する方が無難です。 タイヤサイズがわかれば、あとはそれに対する適正空気圧を確認し、調整すればOK。 方法のわかる人はセルフ式のガソリンスタンドに自分で調整できるエアタンクや空気圧調整装置が置いてありますし、わからない人は有人スタンドで給油のついでに、タイヤの空気圧調整をお願いしても良いでしょう。

タイヤ空気圧が低すぎることの弊害

タイヤの空気というものは、通常の空気を入れている限り、少しずつ抜けてしまいます。 タイヤを構成しているゴムなどの素材は一見ガッチリ密閉しているようでも、その密度より空気を構成している気体の方が分子密度が少ないので、すり抜けてしまうからです。 また、気温の変化で体積が減少してしまうため、:寒い時の方が空気圧が低くなります。 冬季など寒い季節は、冬タイヤに交換しなくとも空気圧が適正値より下がっていないか、寒い時ほどチェックした方が良いでしょう。 そうしたチェックを怠って低い空気圧のままで走っていると、良いことはありません。

空気圧が低いことによるデメリット

・タイヤが潰れて接地面積が増えて転がり抵抗が増してしまう。 ・カーブなどでタイヤに力がかかった時に変形して、変なところでスリップなどの原因になる。 ・抵抗の増加でタイヤの熱が上がりやすくなるためゴムなど素材に悪影響を及ぼし、損傷の原因になる。 ・段差に乗り上げた時などに衝撃を吸収しきれず、タイヤの構造を痛める可能性がある。 ・タイヤの片摩耗(片減り)の原因になる。

タイヤ空気圧が高すぎることの弊害

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。