日本だって負けてない!「ジュネーブ・モーターショー2016」を総括する!【日本車7選・後編】

まだまだある!自慢できる日本車はコレ!

◆ホンダ・シビックHRプロトタイプ

http://www.autocar.jp/motorshow/2016/03/01/159509/

数えれば、シビック10世代目にあたる「HRプロトタイプ」

ホンダの歴史を語る上でも絶対に外せない車種がシビックであることに誰も異論はないでしょう。

ですがそのシビック、現在の国内販売は「タイプR」1車種に留まっています。

先に北米市場に投入されたシビック・セダン、そして欧州向けモデルとして計画された今回のハッチバックタイプ「HRプロトタイプ」、ホンダの目が海外のみに向いているのは少し寂しい気がします。

この海外市場向けシビックは今回から北米、欧州共通の新設計プラットフォーム「Honda compact global platform」が採用されています。

注目のパワートレインには新開発の1.0L3気筒直噴VTECターボと1.5L4気筒直噴VTECターボといったダウンサイジングターボに加え、ヨーロッパで展開してきた4気筒1.6L i-DTECディーゼルターボのラインナップと発表されています。

日本市場への投入も期待する声も多く、そうした声に押された訳ではないのでしょうが、ホンダの八郷社長はこの10代目シビック(セダン、クーペ、ハッチバックの種別は現時点では不明)の日本導入を発表しました。

◆トヨタ・プロエース・ヴァーソ

http://www.autocar.jp/motorshow/2016/03/01/159509/

商用ワンボックスをベースとしたMPV。

ベース車はトヨタとPSA(プジョーシトロエン)が共同開発している車輌。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら