水素と電気のいいところどり?水素電気自動車(FCV)について紹介

MIRAIは、トヨタ自動車が製造・販売する、量産車として世界初のセダン型燃料電池自動車です。自社開発のトヨタFCスタック・高圧水素タンクなどで構成された燃料電池技術とハイブリッド技術を融合したものが搭載されています。水素充填時間は約3分で、走行距離は約650kmと、生活を送るのに十分な数値を誇っています。

②ホンダ「クラリティ」

https://www.honda.co.jp/CLARITYPHEV/

クラリティは、本田技研工業が2008年に発売したセダン型燃料電池自動車。5分間で水素を再充填することが可能です。また、大型セダンとして長距離の走行が可能です。2007年11月の発表以降、世界で8万人近くの人々が興味を示したことでもクラリティは有名であり、現在ではアメリカ、日本、ヨーロッパで販売されています。

特徴として、電気モーターの出力が134馬力でトルクはEVプラスのモーターを基にしているため、静かで安定した加速と高トルクを提供する点が挙げられます。また、水素の消費量が大きくなるにつれて色とサイズを変更する仕様がダッシュボードの表示装置に組み込まれているためドライバーが確認しやすい身近なFCVと言えます。

③ヒュンダイ「NEXO」

https://www.hyundaiusa.com/nexo/index.aspx

ヒュンダイ・ネキソは世界初の量産燃料電池車であったix35の後継となるクルマです。ガソリン車並みの航続距離とフレキシビリティで未来が感じられる仕上がりではあるものの、不自然なハンドリングや高価格とインフラ不足について、課題が残っています。小型のアーバンSUVであり、高速での長距離移動には向かないものの、多用途のファミリーカーとして利用できます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら