【トヨタ タウンエース】逆輸入のOEM車、購入前の気になるポイントとは?

トヨタタウンエースはインドネシアのダイハツ工場で作られたOEM逆輸入の車です。バンタイプはキャンピングカーのカスタムベース車としても人気が集めています。今回はこのライトエースの性能や実燃費、タウンエースとの違いをまとめてみました。


「トヨタ タウンエースの特徴」  

トヨタ タウンエースの特徴①

大量に物を積載することが出来て故障しにくく、タフな環境下でも黙々と用途を達する為に働く車・・・そんなイメージが高いトヨタの仕事人として君臨するタウンエースですが、ニッポンの働く車の最右翼的存在であると言えます。 良く積めてきびきびと走って燃費が良く、走行条件やタイミングに左右されないビジネスユースには最適の車と言えるのです。  

トヨタ タウンエースの特徴②

日本のビジネスカーを代表するモデルとしての存在はもちろんのことですが、それとは別にいろいろなカスタマイズを施すことの出来るベース車両としても高い人気を得ているのが定番となっています。 その大容量を誇る室内空間を活かしてキャンピングカーのベースとなったり、パーソナルユーズを考えているオーナーからは走る応接室的な改造を施してさらに快適な空間としたり、より効率的な荷物の運送を踏まえて棚や工具ツール入れなどを積載する為の細工をしたりと、使い方はユーザーや用途によって千差万別ですが共通して言えることは使用用途の多彩さにあると言えるのです。  

トヨタ タウンエースの特徴③

ついつい荷物積載空間にばかり目が行ってしまう印象ですが、そのビジネスユースを支えるエンジンは電子制御された燃料噴射システムを装備しており、新設計の軽量コンパクトエンジンで多彩な運転シチュエーションを支える走りが自慢となっています。 低速走行からトルクフルな走りを見せ、高速走行では直進安定性と軽快さが反映されるゆとりの走りを実現しているのです。 車体や用途の目的性に対して高性能且つ優れた低燃費を両立することが可能となっており、その燃費性能はリッター当たり12kmとひと昔前の低燃費車を凌ぐほどの数値でビジネスを力強くバックアップしております。 コストパフォーマンスだけではなく排出ガスの数値を75%低減することによって環境についても特筆した性能を兼ね備えているエンジンを有しているのです。

「トヨタ タウンエースの歴代モデル」  

トヨタ タウンエースの歴代モデル①

トヨタのタウンエースは初代モデルとして販売開始されたのは1988年8月で、実に今から遡って30年以上が経とうとしているロングセラーモデルとなっています。 マイナーチェンジは所々で実施されてはいるものの、卓越した基本設計は現代でも色あせることのないことから同様の用途を達成する為に今日までフル稼働しているイメージがあります。 また丈夫で長持ちという部分から、法人車としての活動も業務用トラックなどと同じくコストパフォーマンスに優れているのが特徴となっているのです。  

トヨタ タウンエースの歴代モデル②

トヨタのタウンエースは文字通り市街地での中心的存在であらゆるビジネスシーンに登場・貢献しておりますが、走りのエンジン性能としてはガソリン仕様とディーゼル仕様でそれぞれ卓越した性能を披露しておりました。 サンルーフの標準装備モデルからターボモデルまで発表されており、いかに様々な用途においても重宝されていたかがわかるポイントとなっているのです。

「中古車価格について」  

トヨタ タウンエースの歴代モデル①

トヨタのタウンエースが中古車市場でいかに展開しているかですが、現在市場取引されているモデルは初代発表時から10年ほど経ったほどから展開しており、現行モデルまでの価格はだいたい25万円から170万円ぐらいの幅で取引されているのです。  

トヨタ タウンエースの歴代モデル②

本来のタウンエースの駆動システムは大別して、FRと呼ばれる後輪駆動と4WDとなる4輪駆動の2タイプが代表的となっています。 中古市場で取引されるタイプではFRが多く、また多く取引されるモデルとしては総じて荷物室の低床タイプが主流となっているのです。 このタイプで特徴となる視点としては、少しでも多く効率的な荷物の積載が行なえることが挙げられます。 積載する荷物の量に目が行きがちですが、実は低床タイプだと荷物の積み下ろしがしやすいという利点が有ります。 専任者であれば常識ですが車選びのポイントとなる低床タイプのチョイスについては、あくまでも毎日作業する人のことを最大限に考慮した部分が重要となっているのです。

「402U系モデルがおすすめ!」  

リード文:トヨタ:タウンエースの最新モデルとなる402U系ですが、歴代のグレードやモデルの課題や改善点を考慮したマイナーチェンジ車種となっているので様々な課題を解決してもっとも好条件が伴ったモデルとして展開しているのです。  

おすすめモデルの燃費

402U系の燃費性能ですが、国土交通省が登録管理しているモード燃費においてリッター当たり12kmを達成しています。 これは同クラスのビジネスユースで該当する車両の中でもトップクラスとなっており、いかに企業法人のランニングコストを削減した運営方法に準拠できているかを判断する指針となっています。  

おすすめモデルの維持費

■年単位でかかる費用

・自動車税:39,500円が一般的

・車検代:15万円前後

■毎月かかる費用

・ガソリン代  (1年1万km&カタログ燃費×軽油110円:72,000円、レギュラー120円:10万円)

・駐車場代:1万円/台  任意保険代(年齢35歳、免許証ブルー、継続で申込、年間走行距離11000km以下):25,000円

「402U系モデルについていてほしいオプション」  

オススメオプション①

より高い積載性能をヘルプするパーツとしてルーフラック:5万円や各種ラダー:2万円が必須アイテムとして挙げられます。 ラダーには車両に最初から装備するリヤラダーであったり、フックタイプとして展開するワゴンラダーなどが一般的です。  

オススメオプション②

水汚れや砂利などの防水その他に重宝するデッキマットを使用することで荷物室の清潔さと快適性を維持するタイプが多く存在しており、オプション価格としては2万円ほどとなっております。 また荷物室と運転席を区切るセパレートカーテン:5千円やハンガーパイプ:3千円などと安価なれど必須アイテムというものが数多く存在しているのです。

「まとめ」

日本を代表するビジネスカーであるタウンエースですが、様々なシチュエーションでも方向性が異なっていても必ず期待値に応える許容性と順応性の高さはまさに日本の働く車と言えるのです。 それぞれの用途と目的に対して完璧に対応することが出来る姿勢は、メーカー努力とそれを採用する企業の思惑がベストでマッチした結果としてロングセラーモデルとして君臨しているのです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら