超小型車の不安「積雪路面は走れるのか?雪国で想定されるリスク」

超小型車の時代その15は、雪国での実用性です。様々な気候がある日本で、雪国での実用性はどうでしょう?


進む超小型車の全天候化

超小型車の話題をしていると、うっかり忘れがちになるのが「天候」、それも雪国でのそれです。

これまで沖縄のような南国や、沿岸部での暖かい地域での実証実験が行われ、その結果として、最近では開放式キャビンではなく、ドアと窓を備えた超小型モビリティが増えてきました。

トヨタのi-ROADなどはその典型的な例ですし、同じトヨタでもコムスはハード(硬い)ドアではなく、昔のジープのようなソフトドアを使ったものもあります。

そうやってあらゆる条件下でもドライバーが運転に支障が出ないよう配慮することは必要でしょう。

超小型車は自転車やバイクから乗り換えるというより、「より小さくて簡便な自動車」として、自動車や軽自動車のアシグルマとしてのそれからの乗り換えを期待されている乗り物です。

そうなると、自転車などが使えないけども、自動車ならば普通に走行できる環境で使えなければいけないわけで、普及にはあらゆる天候で乗れることが必須になってきます。

フランスのクワドリシクルも現在では密閉式キャビンを備えた立派な「クルマ」になっていますから、これは過渡期に開放式が許されても、最終的には密閉式に落ち着かければいけないことを意味するでしょう。

もちろん、ただ密閉するだけでは窓が湿気で曇るなどして実用性がありませんから、エアコン装備とまではいかないまでも、何らかの曇り止め対策も必須です。

ここはまだ超小型モビリティの課題でしょう。

しかし、ドライバーはそれで良いとして、超小型モビリティはどこまでの全天候性を持つでしょう?

雨はともかく、問題は雪です。

興味深い新潟での実験

そこで超小型モビリティに興味のある人たちが注目しているのが、新潟での社会実験です。

すでに2016年2月から3月までの1ヶ月間、新潟で「潟モビ」と称する社会実験が行われており、社会実験ではお馴染みの、日産 ニューモビリティ コンセプト2台による運用実験が行われています。

その内容そのものは、ほかの地方都市で行われているものと大差無く、特筆すべきことは特に無いのですが、注目すべきはその時期でした。

2月~3月と言えば、新潟ではまだ真冬の次期、超小型モビリティは走れたのでしょうか?

雪の少ない沿岸部では問題無し

結論から言えば、ホームページやFacebookで公開されている画像や動画を見る限り、特に運用に支障があったようには見えません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら