どうしてこうなった?フィアット・ムルティプラ

誰かに乗って欲しいと切に願うフィアット・ムルティプラ


イタリアの個性的な車の象徴 フィアット・ムルティプラ

イタリアの車はとにかくスタイリッシュというよりはクリエイター受けするデザインが多いものですが、時々度を越して「ギョッ!」とするデザインが現れます。

個人的にその代表と思うのが、このフィアット・ムルティプラ。

http://www.fiat-auto.co.jp/archives/FIAT_Multipla.php

…どうでしょう?

この車を見た時に、筆者なら絶句とか茫然自失以外の何ができるとも思えません。

ある意味では「クルマってこういうデザインでもいいんだ?」そう思わせるスタイルです。

さらにもう一枚、これが同じ「ムルティプラ」の後期型です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/フィアット・ムルティプラ

えっ……何が起きたんでしょう?????

やっぱり、やっぱりイタリア人でもこのスタイルはダメだったんでしょうか?

この手の凄まじいばかりのイメージチェンジというと、国産車なら前期型のヤツメウナギ風ヘッドライトが大不評だった2代目ホンダ・インテグラや、これがミラージュ・サイボーグ後継ですと言われて絶句してしまった前期型ミラージュ・ディンゴのような例もありますが。

いくら何でも、前期型であそこまでやっておいて、後期型でこれはどうなんだ?と言わざるをえません。

ビックリしました。

しかも前期型には全長を4m未満(正確には3999mm、日本輸入モデルの車検証では4005mm)に抑え、欧州でのカーフェリー料金を安くあげるという目論見があったにも関わらず、後期型ではデザイン変更により4,097mmに拡大!

これじゃカーフェリー高いじゃないですか。

ラテン系の大らかな心でも受け止められなかったこのデザイン、実は筆者はあまり嫌いではありません。

是非一度所有して、「見られる快感」を味わいたいと思っている一台なのは確かです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら