車を運転している時に災害にあってしまった時の対処法と便利なグッズ紹介|ベテラン整備士が教える!

近年、頻繁に起こっている地震。地震による津波。台風や豪雨など様々な災害が起こっています。その様な災害に遭遇してしまった時の為に皆さんはどのような備えをしていますか?今回は、車に乗っている時に災害に巻き込まれた際の対処法と車の中に備えておくと便利な物を紹介します。

地震が起きた時の対処法

もしも車を運転中に大きな地震が起こったら、どの様な行動を取ると良いでしょうか。

車の運転中にも揺れ感じるような地震はとても大きな地震です。その時は、慌てずに車を道路の左側に寄せて停止させましょう。そのまま走行し続けるのはとても危険です。走行している道の先がどの様な状況になっているのかわからずに進むのはとても危険です。一度道路の隅に寄せ、停止して地震が収まるのを車内で待って、ラジオやテレビで道路状況を確認しましょう。

その後、周りの状況があまりに酷く荒れていて走行が不能だと判断したら、速やかに車から降りて安全な場所まで歩きます。その際は、貴重品は必ず持ち、車の鍵はつけたままにし、ドアロックは掛けずに車は置いて行きます。もしも緊急車両が通る時に対処できるようにです。その際はなるべく道路から離れて、崩れる恐れのある塀などを避けて安全な道を歩きましょう。

大きな地震が発生したら、一度停止して左端に車を停車させ走行可能な状況だと判断した場合は、マンホールや道路の隆起がないか気を付けてゆっくり走行してください。また、地震の影響で信号がうまく機能しない場合があります。その場合、道路はパニックになる場合が予想されるので、十分に注意して走行しましょう。

台風や豪雨の時の対処法

台風や豪雨などは天気予報などで予め予想されています。緊急性のない外出、車の走行は絶対にやめましょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら