日本車はダサいのか。外車に学ぶ長年愛されるデザインの作り方

先日、1938年から80年に渡って人気を博してきたフォルクスワーゲンのビートルが生産終了となりました。ビートルはヒトラーの国民車構想によって高速でも走れるようにデザインされ、実際に生産されて以来その原型を崩すことなく現行の3代目まで続きました。そして、世界の様々な人にそのデザインは愛されてきました。80年経っても色褪せないデザイン。このような長年経っても愛されるデザインがあり、それを崩さないように新型をつくる。海外のメーカーは日本に比べてそういった車の作りかたをするメーカーが多いように思います。日本車はダサいダサいと長年言われていますが、それは海外のメーカーのように決まったデザインがないからではないでしょうか。というか、そもそも日本車がダサいというのは世界共通認識なのでしょうか。今回は外車のデザインが長年愛される理由、そして日本車がそう見えないのはなぜなのか、語っていきたいと思います。

日本車ってダサい?

まず、よく言われる日本車がダサいという問題について。そもそも本当に日本車ってダサいのでしょうか?外車のデザインについて考える前に、ここでは日本車のデザインについて考えてみたいと思います。

日本車のデザインの傾向

日本車におけるデザインの傾向として、外車のように長年愛されるデザインがないというのが一番に挙げられるでしょう。それは言い換えれば、売る時の社会の傾向や時代によってコロコロとデザインを変えているということ。少し前に売られていた車や1世代前の日本車って自分が思っている以上に古く見えたりしませんか?その理由の大きな一つとして売る時代によってコロコロとデザインを変えているため今のデザインとの差があり、外車と違いちょっとだけ前の車のデザインでもひどく古く見えてしまうということがあるのではないでしょうか。

なぜデザインを変える?

では、なぜ日本車は外車と違いデザインをコロコロ変えるようになってしまったのでしょう。そこには日本の国民性を見て取ることができます。日本人の車を作る際の考え方として、売れる車ということを大前提に車作りをしています。この、売れる車を作ろうと考えている。これがデザインをコロコロ変える理由です。売れる車を作ろうとする時みなさんは何を考えますか?まず、人々に受け入れられるということを考えるのではないでしょうか。しかし、人々は常に同じようなものが欲しいと願っているわけではありません。その時々によって人々が求めているものは違います。その結果作る時々によって違うニーズに合わせて車を作るため、コロコロとデザインが変わる車ができあがってしまうのです。

日本車をダサいと思っているのは日本人だけ?

日本の中では日本車はダサいダサいと言われていますがそれは日本だけなのでしょうか。例えばドイツ車はドイツ国内では国産車です。もし、ドイツも日本と同じように国産車はダサく外車はかっこいいと言われているのであれば、日本車も日本国内ではダサいと言われていても海外からみれば別にダサくないということになります。

海外ではダサいとは言われていない

結論から申しますと海外では日本車のデザインはダサいという評価はされていません。しかし、近年の日本車のデザインはみなさん口をそろえてどれも似たり寄ったりだと言います。つまり、海外から見る日本車はダサいのではなく個性がないのです。これは日本のメーカーが人々に受け入れられるデザインばかりを考えてしまったがゆえの結果でしょう。

外車のデザインの特徴


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら