車に貼ってあるステッカーは剥がしても大丈夫?剥がして良いステッカーとダメなステッカー

日本で車を買うとフロントガラスやリアガラスには必ず様々なステッカーが貼ってあります。海外の車ではほとんど見かけることがありません。なぜステッカーを貼る必要があるのでしょうか。人によっては外見が損なわれるので剥がしたいという人もいることでしょう。そんな人に向けて剥がしていいステッカーと剥がすと違反になるものを紹介していきたいと思います。

なぜ車にステッカーが貼ってあるのか

車の前後にはステッカーが貼ってあります。そのステッカーの中には剥がしていいものもあれば剥がすと違反になってしまうものもあります。何も知らないまま剥がすのは危険ですから、まずはステッカーについて紹介していきます。

関心を高めるため

車のフロント側の窓やリア側の窓に貼られているステッカーは新車の製造時や販売時に貼られるものです。このステッカーの中には燃費基準達成ステッカーや低排出ガス車ステッカーなど、車の性能を表すものもあります。これらのステッカーを貼る目的は、環境に配慮した燃費のいい車の普及を促進するためです。目に見えるようにすると低燃費や環境に配慮するようになると考えられているからです。

減税に関わるステッカーは剥がしていいの?

http://www.mlit.go.jp/jidosha/lowgas/youryou/lowgas2.htm

低排出ガス車ステッカーや燃費基準達成車ステッカーを剥がしても減税対象外になったり罰則を受けることはありません。あくまでその車の排出ガスの量や燃費基準をクリアしているか判断するステッカーです。エコカーであり基準をクリアしていることを表すステッカーには特に意味がなく、車に貼っておく必要はありません。ステッカーを剥がす剥がさないも車の所有者次第で決められます。車を購入する際ディーラーにステッカーを貼らないでくださいと伝えておけば事前にステッカーなしの状態で車を購入できます。

剥がしてはいけないステッカーとは?

車に貼ってあるステッカーの中には剥がしてはいけないものがあります。中には点検が完了していることを表すステッカーなど、車の管理状況を表すステッカーも貼ってあります。剥がすと違反になり罰金が課せられてしまうので取り扱いに注意が必要です。

車検ステッカーは剥がしてはいけません。車は様々な点検を経て基準をクリアしていないと公道は走れません。点検の内容は環境に悪影響がないか、安全に走行できるか、事故に備えて必要な装備が整っているかなど様々です。この車検ステッカーは法律でフロントガラスに貼ることが義務付けられており、フロントガラス以外に貼ってあった場合は違反となります。基本的に車検を受ける際は車検ステッカーを貼ってくれるので剥がさずそのままの状態にしておくことをお勧めします。もし車検ステッカーを剥がしてしまったり、貼っていない状態であると道路交通法違反となり50万以下の罰金が課せられる場合があるので注意が必要です。万が一紛失してしまった場合は再発行の申請が可能です。

http://wwwtb.mlit.go.jp/chugoku/gian/faq02.html

保管場所標章シールは車の保管場所を示すシールです。車の保管場所をその地域の管轄である警察署で申請し、許可が下りるとこの保管場所標章シールが交付されます。このシールは貼る場所が道路交通法によって決められており、リアガラスに貼ることとなっています。また保管場所標章シールを貼ることは義務化されているため必ず貼る必要があります。しかし、この保管場所標章シールを剥がしても罰金などの処罰はなく、実際に剥がしたとしても問題にはなりませんが、注意を受けることがあるかもしれないのでお勧めはしません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら