【絶対にパンクしないタイヤ】エアレスタイヤはバースト(破裂)知らずのエコタイヤ

車を運転する際、意外と油断ならないのが車のパンク。道路に落ちている釘やガラスの破片などがタイヤに刺さることでよく起こるパンクですが、近年道路が舗装されているのにも関わらずこのパンクの数が年々増加しています。高速道路を走ってる最中にパンクが起こってしまった際には重大な事故につながる危険性があります。そんな中、先日そういったパンクの問題を解決する一筋の光が差しました!車メーカーのゼネラルモーターズとタイヤメーカーのミシュランが共同でエアレスタイヤという全く新しい“パンクしない”タイヤを開発することが発表されたのです。エアレスタイヤはなぜパンクしないのでしょうか?また、実用化はいつ頃になるのでしょうか?今回は、エアレスタイヤについて詳しくお話ししていきたいと思います!

なぜタイヤはパンクするの?

そもそも私たちが普段乗っているタイヤはどういった構造で、なぜパンクが起こるのでしょうか。タイヤなんてゴムのチューブに空気を入れてるだけと思うかもしれませんが、実はタイヤというのは高速で転がる上に、その際に発生する熱や道路上に落ちている障害物などから身を守らなければならないため、非常に緻密な構造をしています。ここでは、タイヤの仕組みとパンクという現象について紹介していきたいと思います。

タイヤの仕組み

タイヤの構造は大きく分けて 4 つに分けられます。まず、タイヤの中でも一番路面と接触することが多いトレッド部分。これはタイヤの表面の模様(これをトレッドパターンといいます)が書いてある部分ですね。このトレッド部では表面の模様により水たまりの上を走る際に排水をしたり、外部からの衝撃などから内部を守る働きをしています。この表面の模様部分にもそれぞれ特徴や役割があります。続いて、トレッド部から少し側面側にあるショルダー部。ここでは主にタイヤ内部からの熱を放出する役割を担っています。次に、タイヤの側面のサイドウォール部。ここはタイヤのサイズや速度記号、扁平率などが書いてあるところですね。サイドウォール部は走る際に一番屈曲する部分で内部を保護し、タイヤが伸びてしまうのを防ぐ役割があります。最後に、タイヤの内側のホイールとつながる部分であるビート部。ビート部は内側のホイールの一部分であるリムをタイヤとしっかり結合させるはたらきをしています。

タイヤは大まかにいうと以上の4部分でできています。それぞれの部分が適切に役割をこなすことでタイヤは高速で転がっても大丈夫なようになっているんですね。

なぜパンクはおこる?

パンクという現象は先ほど説明した4つの部分のいずれかが道路の釘などにより破れて、中の空気が抜けることによって起こります。大体の場合、パンクは一番路面に接する時間が多いトレッド部分での損傷により起こることがほとんどです。トレッド部分でのパンクなら、まだ修理をすればなんとか直りますが、サイドウォール部やビート部がパンクしてしまうと、ほとんどの場合パンク修理は厳しいです。

エアレスタイヤがパンクしないわけ

一般のタイヤがパンクする仕組みは先に挙げた通りですが、エアレスタイヤはなぜパンクしないのでしょうか。

まず先に結論から申しますとエアレスタイヤがパンクしなのは、読んで字のごとくタイヤに空気が入っていないからです。釘などが刺さってもそもそも漏れる空気がないんですね。でもそんなこと可能なのでしょうか?

エアレスタイヤの仕組み

エアレスタイヤが空気を入れなくても大丈夫な理由として上の写真の通り、エアレスタイヤでは一般のタイヤでいう空気を入れ地面からの衝撃をやわらげる部分が、ゴムによるスポーク構造となっています。ここが地面の石や凹凸に合わせて変形することで一般のタイヤでいう空気と同じようなはたらきをするのです。

エアレスタイヤのメリット・デメリット

様々な可能性がありそうなエアレスタイヤですが決して良いことづくしではありません。良い面も悪い面もあります。ここでは今流通しているタイヤと比べてメリットとデメリットをそれぞれ 3 つずつ紹介していきたいと思います。

メリット

1. 廃棄されるタイヤの数が減る

日本国内において、一年で廃棄されるタイヤの数はおよそ9,700万本。重量にすると103万トンにのぼるといわれています。これだけ大きな数字でいわれてもあまりピンとこないかもしれませんが、これは毎秒3本のタイヤが一年間ずっと廃棄されているという計算になります。しかも、この廃棄の数は日本国内のみの話です。世界を考えるとおよそ2億本もの量の廃棄が毎年生じています。タイヤは消耗品ですから、走っているうちにすり減って廃棄するというのは仕方のないことです。これはエアレスタイヤでも変わりません。しかし、ミシュランによると様々な原因によって起こったタイヤの損傷による廃棄はエアレスタイヤだとおよそ20%削減することができるそうです。これは重量にするとエッフェル塔200個分の重さを削減できるということになります。

2. 一般のタイヤより長持ち


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら