フィアット500の維持費内訳8つ|イタリアンデザインカーの維持費は?

フィアット500というおしゃれでかわいいイタリア車をご存知ですか。イタリア車と聞いて、維持費が高そうと思った方はいませんか。フィアット500はそのシリーズによって維持費は大きく異なります。それでは、フィアット500の魅力を見ていきましょう。

フィアット500とは?

フィアット500とは、イタリアの自動車メーカーフィアット社が1936年に生み出し今もなお世界中で愛されるコンパクトカーです。

フィアット500の「フィアット」は社名で、Fabbrica Italiana Automobili Torino(トリノ自動車製造会社)の頭文字をとったFIATからきています。

フィアット500の魅力

フィアット500の魅力は大きく分けて「デザイン」と「乗り心地」の二つです。

デザイン面では、全体的に丸みを帯びていて小さくかわいらしい外観と、こちらも曲線を多く取り入れた新しくもレトロな雰囲気を味合わせてくれる内観が好評です。また、エンジンの音や振動が大きく、昔ながらの雰囲気を楽しめる乗り心地も人々を魅了します。

フィアット500の維持費内訳8つ

これまでフィアット500の魅力を大まかに伝えてきましたが、車を所有するにはある程度の維持費が必要です。ここではフィアット500を所有するうえで必要な維持費を8つに分けてご紹介していきます。

また、維持費の目安をご紹介するときがありますが、所有したいフィアット500の種類によって変わってくるものもありますので、是非購入したい自動車にかかる維持費を計算してみてはいかがでしょうか。

フィアット500の維持費内訳1:自動車税

維持費の1つ目は自動車税です。自動車税とは毎年4月1日時点での自動車の車検証上の所有者に対してかかる税金で、用途や総排気量によって税額が変わります。

自動車税は維持費の中でも大きな割合を占めており、フィアット500は用途区分的には自家用乗用車なので、総排気量が1リットル以下だと25,000円、1リットル超~1.5リットル以下だと30,500円です。

なお、記載されている金額は2019年10月の税制改正後の金額です。

フィアット500の維持費内訳2:重量税

自動車重量税は、車検証の有効期限分をまとめて支払う税金で、自家用乗用車の場合は車両の重さによって税額が変わり、維持費に差が出やすい税金です。重量税を支払うタイミングは、新車登録時、その3年後の初回車検時、そしてそれから2年ごとずつの車検時です。

重量税は新車時から12年経過するまで0.5トンごとに4,100円/年かかり、その後13年、18年経過するごとに金額が上昇します。

フィアット500の維持費内訳3:車検費用

車検は、自動車やバイクが道路を安全に走ることができる状態なのか、一定期間ごとに国が検査する制度です。

車検は主に「点検」「整備」「検査」「登録」の4段階があり、検査と登録にかかる金額は定められているので、「点検」と「整備」のみ車検を依頼する会社によって異なります。つまりここでも、維持費は大きく変わってくることになります。

フィアット500の維持費内訳4:自動車保険料

自動車保険は交通事故に備えておくものです。任意保険料に関しては、運転者の年齢や、加入する保険の種類によって幅広くなっており、愛車の維持費を考える上では、よく検討すべきものとなっています。

是非さまざまな自動車保険会社をチェックしてみてください。

フィアット500の維持費内訳5:駐車場代

駐車場代は、自宅に駐車場があるかどうか、自宅の場所がどこかによって金額が異なるので、自宅の周りの相場を確かめましょう。

また、屋根がついていたり舗装されていたりするような条件の良い駐車場の場合、金額が高いこともあります。

フィアット500の維持費内訳6:オイル交換費用

エンジンオイルは、JAFによると、1年毎、もしくは1万5,000km走行毎に交換が必要だとされています。

ガソリンスタンドやカー用品店・ディーラーなどのプロに依頼する、もしくは自分で交換するなどの方法がありますが、一般的にディーラーに頼んだ場合に金額が高くなる傾向にあります。

エンジンオイルを交換しなければ、フィアット500がどれほど素晴らしいエンジンを積んでいたとしても本来の性能が発揮されません。また放置したままだと車両火災につながる恐れもあります。エンジンオイルの交換は忘れずにしましょう。

フィアット500の維持費内訳7:タイヤ交換費用

タイヤ交換は交通事故などを防ぎ、自分の命を守るうえでとても大切です。フィアット車に適合する主なタイヤブランドに「MICHELIN」と「PIRELLI」が公式サイトにて紹介されています。

そのほかにも多くのブランドはありますが、その値段は幅広く設定されています。愛車の維持費を抑えるためにも、自分の運転する目的や地域に合ったタイヤ選びを行いましょう。

フィアット500の維持費内訳8:メンテナンス代

維持費内訳の最後はメンテナンス代です。メンテナンスの内容としては、オイルフィルター交換や冷却水交換、ブレーキフルード交換などがあります。

これもまた維持費のなかで大きな割合を占めるものです。メンテナンスは自分の大切な愛車を長く守る大切なものです。定期的にしっかり行いましょう。

フィアット500の特徴

フィアット500を所有するうえでの維持費をご紹介しましたが、やはりそれなりの維持費が必要だとわかりました。

「フィアット500がほしい」というあいまいな気持ちで購入を検討する前に、フィアット500の特徴を理解した上で「ここが好きだから、このシリーズのフィアット500がほしい」というように意思を固めることをおすすめします。

ここではフィアット500の特徴を細かく見ていきましょう。

フィアット500(チンクエチェント)

上記で紹介した通り、フィアット500の魅力はデザインと乗り心地です。コンパクトなデザインによって、曲がり角の多い道でもすいすいと快適に運転することができます。

またデザイン性だけでなく、乗る人の安全をしっかり守ってくれるのもフィアット500の魅力の一つです。車体には7つのエアバッグが搭載されていたり、ドライバーによるミスシフトを防ぐシステムが導入されていたりします。

フィアット500C(チンクエチェント シー)

フィアット500cの特徴は何と言っても、そのかわいいフォルムをそのままに開閉可能な屋根を装備していることです。布製の幌はスイッチを押すだけで簡単に開くことができます。

またカブリオレ化に伴う重量の増加により、いくらか揺れの少ない落ち着いた乗り心地の運転ができるようになっています。

フィアット500X(チンクエチェントエックス)

フィアット500Xは、フィアットが初のスモールSUVです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら