ベンツに乗る人はこんな人!?ベンツオーナーの特徴やイメージを紹介

スポーティなセッティングとデザイン、エンジンもこだわり抜いたAMGはとにかく走りが好きな車好きが乗ると言っていいでしょう。明らかにオーバースペックで最高に常識ハズレなAMGを選ぶ人は間違いなく車が好きです。それか、車のことはよくわからないから高い方を買った人。このどちらかでしょう。

昔は怖いイメージだった?

昔はEクラスやSクラスのようなラグジュアリー車しかなく、かなりのお金持ちが乗っている印象でした。会社の経営者、そして怖い人。そんな怖い人達は黒いベンツに乗りがちです。そのようなイメージが定着してしまい、「ベンツ=反社会的」という悪いイメージを語る人がいるのも事実です。しかし、現在は上記のように幅広いユーザーから愛されています。そんな親しみやすさをアピールするためにも、メルセデスベンツは「ベンツ」ではなく「メルセデス」と呼んでほしいと訴えています。CMでも「Hi!メルセデス」と車に話しかけていますね。少しずつですが、怖いイメージからは脱却できているのではないでしょうか。

対照的で比較されやすいBMWとの違い

さて、メルセデスベンツの特徴を語ってきましたが、比較がないとわかりづらいですよね。そこで、一番比較されやすいBMWと比べていきましょう。ドイツ御三家と呼ばれるように、メルセデスベンツ・BMW・アウディは比較されやすく、購入の際はこの3つで迷う人も多いでしょう。そんな中で、1つを選ぶには何か理由があるのです。その理由を考えていけばそれぞれの違いがわかってくるでしょう。

BMW乗りは走りを一番に考える人

BMWの特徴は走行性能です。「駆けぬける歓び」をキャッチフレーズにするくらいですから、スポーツ性は抜群です。デザインもベンツよりスポーティで、ラグジュアリーさよりも重要視されているように思います。メルセデスベンツと比較すると内装は少しチープに感じるかもしれません。しかし、内装の豪華さよりも走りを大切にしているので、ドライブ好きからは大きな支持を受けています。そんな特徴もあり、BMWは若い層から人気を集めています。飛ばしたい・攻めた走りをしたい、ちょっとヤンチャな人が乗っているイメージが強いですね。もちろん、おじさんになっても走りが大好きな人も乗っている印象です。

また、デザインではメルセデスベンツの方が主張が強く、豪華でギラギラなかっこよさ。BMWは細部にシルバーなどを散りばめるチラ見せのかっこよさ。ホットとクール。ゴールドとシルバー。ルイヴィトンやグッチとディーゼルやアルマーニ。そんな印象ですね。

ベンツ乗りは車好きでない場合もある

車に高いお金を使うからといって、車好きであるとは限りません。特にメルセデスベンツはその傾向が強いと言っていいでしょう。ポルシェやフェラーリは趣向性がかなり高く、車好きしか買いません。BMWも走行性能重視でドライブ好きが買う傾向があります。しかし、メルセデスベンツは安全性や先進技術が優れているため、車が好きでなくても高いお金を出す価値が大いにあります。迷ったらメルセデスベンツと言われるくらい安定した選択肢なので、車好きでない場合も多いかと思います。

Gクラス(ゲレンデ)だけは例外かも?

AMGは例外と述べましたが、メルセデスベンツの傾向から外れやすいパターンがもう一つあります。それがGクラスです。Gクラスは少し特殊で、軍用車がモデルとなっています。オフロード色が強く、無骨でゴツゴツした見た目をしています。正直に言うと、運転しづらい。実用性も他のクラスと比べると低いでしょう。しかし、そこがいいのです。アウトドアが好き、遊びに本気なロマン溢れる男の車という印象です。乗っている有名人を挙げると(敬称略)、木村拓哉や明石家さんま、木梨憲武や浜田雅功。海外ではアーノルド・シュワルツェネッガー、ブラッド・ピットなど。スポーツ選手も多く乗っている車です。なんとなく共通点があるように思いますね。

メルセデス・ベンツの中古車はこちら↓!

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら