ポルシェ・カイエンのインテリアは好みがわかれるかも

ライムグリーントリムは賛否両論か

ポルシェにエンジニアが新型カイエンを開発している間、ポーランドにあるCarlex Designが現行カイエンSのインテリアを改造しました。 このカイエンSは車内の至る所にライムグリーンのトリムを施されています。 このカイエンSのオーナーになる方は最初は気に入って購入するかもしれませんが、将来的にファクトリーのカラーに戻してしまう可能性もあるのではないでしょうか。

このトリムはカーボンファイバーで出来ていて、ステアリング、シフトノブ、クーラーの排気口、スピーカーフレームやドアなど様々な部分に装備されています。 そしてシートベルトやシートにはレザーとアルカンターラに交換してあります。 現行のカイエンSは世界的にも販売が成功しているのでインテリアをアップグレードしたいと思っているオーナーもいるかもしれません。 新しいプラットフォームのカイエンにはタッチディスプレイが搭載され、従来使用されていたオーディオ周りのボタンなどが少なくなり、すっきりした印象です。 そしてコクピットもアグレッシブなスタイルに なっているのが特徴的です。 このインテイリアの改造には賛否両論かもしれませんが、興味がある方はインテリアのアップグレードを一度考えてみてはいかがでしょうか。

This Fluorescent Porsche Cayenne Interior Will Hurt Your EyesAncar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?