【新型ジムニー】筆者と同世代のジムニーがついに生まれ変わった。その進化点、魅力とは?

自分とほぼ同じ年齢の車種が、まだ現行車種として売られている・・・・?

ジムニーに対してこんな驚きを抱いたのは、スズキから新型ジムニーが発表された日でした。

この記事を書いている私は今年22歳、ジムニーとほとんど同じ年齢なのです。ジムニーに感じる、落ち着きや孤高の存在感はまだ私にはありません…

そんなほぼ同世代であったジムニーが、新型ジムニーという子供を生み出しました。私にはまだ結婚など遠い話なのに….

というわけで、恐れ多いですが同世代のジムニーくんが生み出した新型ジムニーについてこの記事では紹介しようと思います。

この車の魅力

他の最近の軽自動車のように、後部座席の広さが異常なほど広いわけではない、乗り心地がもっと良い車は他にもある、なのになぜこの車はここまで世間の注目を浴びるのでしょうか。僕は大学生が通学のときに使うノースフェイスのバックと同じものを感じました。

通学するだけなのに、本格アウトドアメーカーのバックを使う。一見、無駄に大きいし、使いにくいのではないか?と思います。しかし、普段の生活であっても、ノースフェイスやパタゴニアのロゴをみることで生活に対して少しのアウトドア感覚を得ることができるし、ノースフェイスやパタゴニアのバックがあるからこそ登山に挑戦してみよう感じるように、ジムニーがあるからこそこれまで普通の車では行かなかった山中に車で行ってみようと思わせたり、川でバーベキューをしてみようと思わせる魅力があるのではないでしょうか?

そんな新しい興味関心を作り出す200万円で買える車ってジムニー以外にあるのでしょうか?私はジムニーのそんな部分に魅力を感じます。

 

外観

車の形状の規制などもあり、丸いフォルムの車種が増えているなかで新型ジムニーはなるべくこれまでの形状を崩さずに武骨なデザインをキープしているように見えます。むしろ、これまでよりも四角さが増したようなデザインをしています。最近流行している「コンパクトSUV」の流線型のボティーとは一線を画するような、武骨なデザイン。僕はすごく好きです。かっこよさなどから都市部でもSUVを運転する人を見かけますが、そもそもSUVは山を走る乗り物ですよね….そんな場所に連れて行ったとしても頼りになりそうなジムニーのボディーは魅力的に映るエクステリアになっています。

インテリア

前作に比べて少しデジタル感が増したインテリアですが、それでもジムニー特有の武骨さは健在です。

センターコンソールからメーターまでが水平に作られており極力目線を動かさずに運転ができる機能美を追求したデザインです。

また、本格的なオフロード車ということおあり、インテリアに傷がつきにくい加工がされているなど過酷な環境での使用しも耐える高耐久な設計がなされているあたりも、歴史のあるオフロード車であるジムニーだからこそできる気遣いなのではないかと感じます。

 

走行性能

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら