新型ポルシェ・ボクスターについて【スペック&パフォーマンス】

ポルシェ ボクスター画像

ポルシェ ボクスターとは

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/718-boxster/

ポルシェ・ボクスターはドイツのポルシェ社が製造及び販売を手掛ける高級スポーツカーで、オープンフルトップのロードスター専用モデルです。ポルシェ社が誇る水平対向エンジンにターボチャージャーを搭載したミッドシップタイプのスポーツカーです。ボクスターは2シーターで、運転席後方(車中央部よりやや後方)にエンジンを配置するミッドシップですので、本来エンジンルームとなる前方ボンネット下のトランクとリアにトランクスペースを持ちます。
空力抵抗を考えて重心を低くし、流れるようなシルエットに仕上げたのがこの車です。MTとATモデルが用意されており、ATモデルはステアリング左右にマニュアルモードでの走行が可能なパドルシフトを設置しており、レスポンスの良いギアチェンジでアグレッシブな運転を楽しめます。ハイパワーなこの車の運転で運転姿勢を保つよう、バケット型のスポーツシートが採用され、コーナーリング時に体が横方向に振れることなくハンドル操作が可能です。現行モデルは718ボクスターとして発売され、新世代ミッドシップスポーツカーとして生まれかわったモデルです。

ボクスターのパワートレインについて

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/718-boxster/

代表モデル新型ボクスターSのエンジン性能

新型ポルシェ・ボクスターSのエンジンには、1本のクランクシャフトにより両サイドにピストンを備えた、水平対向エンジンを採用しています。ボクスターに搭載される水平対向エンジンは低重心を可能にし、スポーツカーの問題である振動を最小限に抑え、ハイパフォーマンスを可能にしています。2.5L ボクスターSモデルは、最高出力350馬力、最高時速285km/h、スタートから時速100kmまでが僅か4.2秒という高いパフォーマンスを発揮します。エンジンの回転数に応じてフレキシブルにタービンを稼働させるVTGを搭載しているため、瞬発力のある加速と安定した走行を実現しています。

上級モデル911のDNAを継承するパフォーマンス

ポルシェ社の代名詞でもある水平対向エンジンは911の流れを継承するもので、低重心というメリットの他高回転域でのハイパフォーマンスを実現するメリットを持ちますが、新開発のダウンサイジングターボエンジンは低回転域でも瞬発力を持つことからスムーズな加速を発揮し、それでありながら加速時の燃料消費を最小限に抑え環境への配慮も同時に行っています。
アクセルを踏み込むタイミングに合わせてアグレッシブに出力調整が可能でエンジンの回転数と圧縮比のバランスを調整する機能が追加され、スポーツカーとしてのドライビングを堪能でき、燃費の節約にも貢献するパワートレインを搭載したモデルです。

ボクスターのエクステリア

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/718-boxster/

エクステリアデザインについて

新型ポルシェ・ボクスターはポルシェの代表的な車両でもある911がベースとされ、フルトップという以外は、側面から見た形状が類似しており、911を意識した兄弟モデルと言えます。911と比べると後方のデザインに重厚感が薄いと言われていましたが、エンジン部分を覆うカバーの二つの大きな膨らみを持たせ、911カレラをイメージさせる後方デザインを完成させました。
前方からの見た目はまさに911の弟モデルであることが分かり、楕円形で吊り上げられたスポーツカ―ならではの傾斜を持たせた立体デザインのヘッドライトが歴代911から引き継ぐDNAを感じさせます。

インテリアデザインについて

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/718-boxster/

初代モデルから比べて格段に質感が向上した座席は、軽量化されたバケットタイプのスポーツシートが採用され、立体感を持たせて運転姿勢をしっかりと確保し、コーナーリング時のハンドル操作のブレを無くすような工夫がされています。シート表面に使われる素材も質の高い素材が採用し、乗る人に安らぎを与えます。これまではスポーツカーとしてシンプルなイメージを出していましたが、内装の質感を最大限に上げており、運転姿勢を変えず、操作しやすいインパネスイッチの配置やハンドルスイッチなどの配置が、スポーツカーという概念に高級感をプラスしたプレミアムスポーツカーとしてのイメージを高めたモデルです。

ボクスターの安全性について

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/718-boxster/

衝突時の安全性について

新型ポルシェ・ボクスターには万が一の衝突時に備えて、運転席助手席エアバッグが標準装備されており、運転席ハンドル部分と助手席ダッシュボードの他、サイドエアバッグが片側ドア2か所が両サイドに搭載されています。衝突の程度に応じて稼働し、衝突角度にも対応して2段階稼働する最新型のエアバッグシステムです。搭乗者への側面からの衝突の衝撃を最小限にするため、エアバッグの稼働とサイド・ドア・ビーム(POSIP:ポルシェ・サイド・インパクト・プロテクション)が標準装備されており、あらかじめ事故の可能性を想定して、搭乗者の被害軽減を目的とした安全性能を搭載したモデルです。

ブレーキ性能について

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/718-boxster/

新型ポルシェ・ボクスターはスポーツ性能を向上させたエンジンの搭載や空力抵抗を考えたボディデザインを採用したため、それを配慮した高い制動力を持つブレーキ性能を発揮するモデルです。ブレーキディスクのサイズがフロント330mm、リア299mmに4ピストン式モノブロックキャリパー(アルミニウム製)を採用、ベンチレーテッド機能を高め高速時のブレーキング性能を高めながら、早期で冷却し、高出力時にもレスポンスの良いブレーキングを可能にしました。また、ブレーキペダルのストロークを短くし、踏み込みから稼働までのタイムラグを無くし、確実な制動をします。

まとめ

ポルシェ ボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/718-boxster/

1993年にデトロイトのモーターショーでコンセプトカーとして世間にその姿を披露したボクスターですが1996年に入り販売がスタートし、ポルシェのフラッグシップモデルである911のDNAを引き継いで、ポルシェ初の2シーター・フルトップ専用ミッドシップモデルでの誕生後、これまで人気をキープしてきました。スポーツカーとして走行性能を重視しながら安全性能や環境性能、燃費性能などをも高めながらさらに高級車の概念をも取り入れ、プレミアムスポーツカーという新たな概念を作ったのがボクスターでしょう。

ポルシェ ボクスター画像