【高級車の欠点】ドアクローザーシステムにより指が切断!?ソフトクローズによる事故

最近のクルマは完成形と言われるほど、人が操作しなければならない機能が極限まで減り、将来的には運転の大部分もクルマが受け持つこととなります。そして、現在高級車では様々な機能が標準装備として購入時から付帯しており、半ドアを防ぐドアクローザーシステムと呼ばれる機能もその中の一つです。しかし、ドアクローザーシステムはその利便性の傍ら今までにない事故を起こす原因ともなっています。

今回は、ドアクローザーシステムが引き起こす可能性のある事故の実例と、事故を防ぐ方法について紹介します。

ドアクローザーシステムとは

ドアクローザーシステムとは、名前の通りドアが半ドアの位置まで閉まると、自動的にドアが完全に閉まる機能のことで、高級車を中心に取り付けられている装備です。ドアクローザーシステムは、ドアの開け閉めを担う機能であり、エンジンが停止中でも作動します。この機能は、メーカーによって呼称が異なり、オートクロージャーやソフトクローズ、スマートクローズドシステムと呼ばれます。

そもそも半ドアがある理由は?

先程、ドアクローザーシステムは半ドアを防止するための機能と紹介しましたが、そもそも通常の建物のドアには半ドアは存在しないにも関わらずどうしてクルマのドアには半ドアという機能がついているのでしょうか?半ドア状態だとドアの警告灯がなり、面倒くさいと感じた方は多いでしょう。実は、半ドアは「安全性確保」の為の機能として採用されています。実際に半ドアの状態になると、もう一度ドアの開閉を作業をしてロックする必要がありますが、半ドアでも「ドアが開く」という事はなく、目視でもわかります。ドアを完全にロックするにはある程度力が必要です。

しかし充分な力でドアを閉めず、そのまま走り出すケースは非常に多く、もしそのままドアが開いてしまうと中の同乗者だけではなく他車にまで影響を及ぼす重大な事故に繋がります。そのため、なにかの理由でたとえドアが完全に閉まらなかった状態でも、半ドアがドアにフックがかかる一次ロックとしての機能を持ちます。

ドアを完全にロックする為には、力を入れてドアを閉める必要があります。これは、車内の気密性を確保する理由が挙げられます。車内の機密性は、空調管理や車内の気圧が変化によるドライバーの「耳」の保護にも繋がります。気密性が高ければ高いほど内外の気圧の関係で半ドアになりやすいため、少しだけ窓を開けてドアをしめると半ドアになりにくいです。

つまり、半ドアという面倒くさい機能は安全性やその他諸々の影響を踏まえて意図的に作られた機能なのです。

ドアクローザーシステムにより指が切断!?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら