【5Gで世界が変わる】自動運転は新たな時代に、車はロボットへと変化を遂げる

5G(第5世代移動通信システム)は4Gの次の世代となる通信システムです。要はスマートフォンなどの電波が進化するということです。日本では2020年の導入を目指して開発・整備されていて、ちょうどオリンピックに合わせたアピールになりますね。最近は昼の情報番組などでも取り上げられるようになり、少しづつ認知が広まりつつあります。その中で一際目立つのが車の自動運転やコネクテッドカーへの活用でしょう。スマートフォンの通信が早くなるなんていうのは当然の話。5Gはさらに車も進化させるのです。5Gの普及で世界が革新的な成長を遂げる。その瞬間が訪れる前に5Gのこと、5Gが車にもたらす自動運転やコネクテッドカーの進化を知っておきましょう。

5Gはタイムラグほぼゼロの高速大容量通信

まずは、5Gについて説明しましょう。上記のように5Gは第5世代移動通信システムです。つまり世代が変わるということですね。3Gから4Gに変わった時もスマートフォンの動画通信やゲームアプリなどの幅が広がり、かなり便利になりました。5Gになったらもっと速い通信ができるというのは当たり前で、5Gはさらなる劇的な進化で予想を超えるような通信ができるようになります。

今の20倍以上20Gbpsの高速大容量通信

現在の4Gは0.1Gbps~1Gbpsですので、最大で20Gbpsとなれば20倍以上の大容量通信が可能となります。1秒に20Gbpsの通信が可能になればストリーミング再生などもスムーズにできますし、ストリーミングという概念もなくなるかもしれませんね。4Kや8Kの動画、VRや360度の映像も快適に利用できるようになるのです。社会に普及するデータの容量というのはどんどん増えていきますね。

ネットワーク遅延は1000分の1秒以下

5Gは低遅延で通信をすることができます。例で言えば電話などでも時差を感じずに会話ができるということでしょう。しかし、1000分の1秒以下という数字はそのような日常使いだけでなく、医療などといった高精度な通信が要求される場でも活躍します。例えば、医者が遠隔で医療ロボットを操作して手術する際などでも遠距離で手の動きに忠実な操作ができるようになります。北海道の手術を沖縄で操作することもできれば、海外からでも遅延がほぼゼロで操作できます。

同時に100万個以上の機器と接続可能

5Gは1平方kmあたり100万個以上の機器と同時接続できます。これによって、パソコンやスマートフォンだけではなく、ありとあらゆるものをネットワークに接続することができます。最近はスマートスピーカーなどといったスマート家電や体に身に着けるApple Watchのようなウェアラブル端末が普及し始めています。これらをネットワークにつなぐ、いわゆるIoTを実現知ることができます。今もスマート家電などが使われていますが、5Gが普及すればさらに多くのモノをネットワークに接続できます。

5Gでコネクテッドカーが繋がる世界は膨大に

車と様々なものを接続することを「V2X(Vehicle to Everything)」と言いますが、V2Xの実現には5Gが必要不可欠になります。現在もコネクテッドカーとしてネットワークと接続されている車が出てきています。事故などのトラブルの際に緊急通報センターに車から連絡できたり、スマートフォンで車のガソリン残量といった情報を確認できたり、少しづつできることが増えていっていますね。しかし、現在の通信技術と整備では限界があります。そこを解決できるのが5Gということです。5Gを整備し提供するのは主にNTTドコモ・ソフトバンク・auの3キャリアとなります。各キャリアは様々な企業と協力して開発・実験を行なっている段階です。自治体や大学、ソニー、ntel、Ericsson、デンソー、トヨタ、ホンダ、タクシー業界、ゼンリンや富士通など5Gとコネクテッドカーの開発・実験を行なっている企業は多分野に渡っています。これだけの企業が協力して開発していけば、コネクテッドカーの可能性は無限大でしょう。

車と車、AIや信号機、歩行者などを全てつなぐ

5Gは大量に複数のデバイスを同時接続できます。つまり、車と車、大きなサーバーはAI、信号機や歩行者など全てが繋がることができます。現在、実現されるだろうと言われている技術は正直未知の世界。可能性が大きすぎて今では予想できないこともできるのではないかと言われています。オーディオは家のパソコンと繋がって大量の音楽を聞けるように。AIによるエアコンの操作。運転していて見かけたレストランに対して、「あのレストランページを見せて」と車に話しかけたらフロントガラスに表示されるようになるかもしれません。また、そのまま予約をすることもできるでしょうね。かっこいい車が走っていたらすぐに車種を表示してくれるかもしれません。渋滞していたら予定の確認や会社への連絡もできるでしょう。本当に考えられることは無限大です。

ナビの性能が劇的に進化する

全てと繋がるということはナビの性能も格段に飛躍します。周囲の車の情報がわかるので、AIがルートを考案してくれますし、信号の状態まで一目瞭然。歩行者の動きもわかればさらに効率のいいルートを導き出せるでしょう。いえ、もうナビというものではなくなるかもしれませんね。これらが普及すれば渋滞が緩和するとも考えられます。ナビの性能が上がり、ナビが高性能なAIとなってルートをコントロールすれば交通量をうまく分散することもできるでしょう。

5Gで自動運転車はより便利で安全に

一番期待されているのが自動運転です。現在でも車のセンサーを活用して車線はみ出し検知やアダクティブクルーズコントロールなど、車が自動で動く部分も増えてきました。しかし、完全に人が手を離して自動運転するというのはなかなか実現に至りません。周囲の車がどんな動きをするのかわかりませんし、まだまだ危険な部分が多く残っています。しかし、5Gが普及すればそれも現実に変わっていくと言われています。

自動運転はコンマ1秒の遅延も命取りになる

自動運転で懸念されていたのがネットワーク遅延の部分です。車がもし時速60kmで走っていたとして、自動運転の制御が1秒遅れたら、その間に車は16m以上進んでいます。ちょっとした遅延でも高速で移動する車にとっては命取りになるのです。自動運転は5Gの低遅延がないと実現しないということですね。

まずは時速30kmを可能にする

大容量・低遅延・同時接続を可能とする5Gは複数の高性能カメラを車に車載し、その映像を順次サーバーに送ることができます。その映像をAIなどが解析することで、高精度な自動運転が可能となります。しかし、現段階では時速30kmでの実験を行なっています。まずは安全面を考えて30時速kmですが、これから公道やサーキットなどあらゆる場所で実験を重ね、少しずつ高速に近づいていくでしょう。

AIと通信して最適な行動をする車はもはやロボット

通信技術や自動運転技術と一緒に進歩しているAI技術も車に進化を与えます。AIがより身近なものになり、車が常に通信できるようになれば車もAIに従って動くようになるでしょう。そうなれば車はもはやロボット。タイヤがついて、人が乗れるロボットと言っても過言ではないと思います。そうなれば車のスタイルもどんどん変わっていくでしょうね。近い将来、車は我々が知っている姿とはかけ離れたものになっているかもしれません。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

【Ancarに掲載中のおすすめ車両】