超小型車の時代その18「動画で見る超小型モビリティ・その1」

超小型車の時代その18は、動画で紹介されている姿を見ながら、実際にどう走り使われるのかをイメージします。


小さなコースでのホンダ MC-β試乗会

どうやら大型ショッピングモールで試乗会が行なわれたものらしい、ホンダ MC-β。
小さなコースをちょっと動かしているだけですが、それでも車内映像からわかる事もあります。

まず走り出しからインバーター音(モーター音)らしき大きな音がするので、これが常時はちょっと厳しいかな…と思わせますが、途中で係員が「このボタンを押すと…」と何やら話しており、その後は割と静か。

どうやらEVとしてあまり静かで動いている事に気づかない事もあるという事なのか、擬似的に大きなインバーター音を出しているようです。

そしてタンデム(縦列)複座で2名乗りのMC-βの左右スペースは結構余裕があり、大柄の大人が乗っても卑屈さは無さそう。

全幅1,280mmとミニカー規格で作られていてコレですから、動力性能さえ十分なら1人乗りのミニカーとしても十分使えそうですね。

急坂を駆け上がるトヨタ コムスEV

続いて、南アルプスゲートウェイでレンタルできるという、トヨタ コムスEV。
こちらは1人乗りのミニカー登録で既に販売されていますから公道も普通に走れて、全開走行では60km/hで走っています。

超小型モビリティだと現在考えられている規格では最高速度が45km/hに制限されますから、60km/hではともかく、45km/hでは少し厳しいのかもしれません。

それより目に付くのはサスペンションの硬さで、普通のクルマ(軽自動車含む)ではまず気にならないような、路上の溝やマンホールなどでもガタン!ガタン!と安っぽい振動が出ています。
ドライバーがそのたびに「うわっ!」と言っていますから、おそらく映像での印象以上にショックが伝わるのでしょう。

地方の道路は交通量が少なくとも整備に予算が使われませんから荒れ気味ですし、未舗装路の走行などはかなり厳しいのでは無いでしょうか?

その後かなりの勾配路がある集落を走り抜けていますが、そこでの最高速度はアクセル全開で30km/h。
かなりの寒村ゆえに交通量も無いので実用性があるように見えますが、これが交通量の多い道路だと厳しいところです。

ただし、超小型モビリティの場合はミニカー登録よりモーター出力は相当上げられますから、この場合は逆にもっと速く力強く登れそうな気もします。

逆にその道を下ると「ブレーキの甘さが目立つ」との事で、ドライバーは回生ブレーキゆえと考えていますが、確かにカーブのギリギリまでブレーキを踏まざるをえず、それでいてアクセルを踏まないと加速ができないのが辛いところ。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら