軽自動車の名義変更に必要な書類等10個|ケース別でみる名義変更の方法

軽自動車の名義変更をするのであればさまざまな手続きをしなければなりません。必要となる書類も多くなるため、事前に用意しておくことでスムーズに手続きを行うことができます。ここでは、軽自動車の名義変更に必要な書類について紹介しています。

軽自動車の名義変更と費用について

軽自動車の名義変更にかかる費用はそこまで高いわけではないため、そこまで気にする必要がありません。軽自動車の名義変更でかかる費用はナンバープレート代と燃料費などです。ナンバープレート代は住んでいる地域によって異なり、例えば関東では、1,500~3,000円程度です。燃料費は車検ができる場所が離れている時に請求される費用であり、その場で車検ができるのであれば必要になりません。また、申請料金は軽自動車の場合は無料です。

軽自動車の名義変更をする理由2つ

軽自動車の名義を変更することでメリットになることがあります。ただ、今まで通り所持している車を使用するのであれば名義変更する必要がなく、メリットになることもありません。しかし、所持している車を売却する場合や家族や知り合いに譲渡する場合には必要となる手続きです。次に、軽自動車の名義変更をする理由を2つ紹介します。トラブルを回避し、車の売却を効率よく行うためにも理由を知っておくことは大切です。

名義変更をする理由1:トラブルを回避できる

軽自動車の名義変更をすることでトラブルを回避することができます。名義変更をしないことで発生してしまうトラブルは譲渡した際に起きやすいです。軽自動車を運転する人が変わっているのにもかかわらず、名義変更をしないと車検の時や事故にあった際などにトラブルの原因になります。家族に譲渡している場合でも万が一の状況を考えて名義変更をしておくことをおすすめします。保険の内容によっては適応されないこともあります。

名義変更をする理由2:売却時の手続きがスムーズ

軽自動車の名義変更をしておくことで売却時がスムーズになります。車を所持していればいずれ売却したり、廃車にする時が訪れたりしますが、名義変更がされていないと売却できません。そのため、手続きをうまく進行することができず、売却して新しい車を購入するにもかかわらず、一度売却する車に名義変更をして、さらに新しい車に名義変更する必要が出てきます。また、名義主に頼んで売却手続きをすることもできます。

軽自動車の名義変更に必要な書類等

軽自動車の名義変更をするためには、さまざまな書類が必要となります。書類が用意されていないと名義変更をすることができないため、名義変更するのであれば事前に用意しておくことをおすすめします。すぐに用意できる書類もありますが、用意するまでに時間を要してしまう書類もあるため、注意が必要です。また、どのようにすれば書類が手に入るのかも把握しておきましょう。次に、名義変更に必要な書類を紹介します。

本人が名義変更をする場合

基本的に名義変更をする場合は本人が行う必要があります。代理として名義変更をする場合は手間がかかってしまう場合が多く、必要となる書類が多くなってしまいます。そのため、名義変更をする場合は本人が手続きすることをおすすめします。本人で名義変更する場合は、車検証と住民票があれば行うことができます。本人で名義変更をすれば費用が掛からないだけではなく、場合によってはスムーズに完了させることができます。

行政書士等代理人が名義変更をする場合

行政書士等代理人で名義変更をする場合も本人で行う場合に必要な書類に加えて、申請依頼書が必要になります。そのほかにも軽自動車税申告書などの書類も必要となりますが、窓口で入手することができるため、事前に用意する必要がありません。また、本人で名義変更する場合は印鑑が必要になりますが、行政書士に代行してもらう場合は、印鑑は必要ありません。しかし、代行者に代行料を支払う必要が出てきます。

申請依頼書

申請依頼書とは、代行者に名義変更を代理してもらう際に必要となる書類です。そのため、行政書士などに代行してもらうためには事前に用意しておく必要があります。申請依頼書には、名義変更する人の押印と以前の名義者の押印が必要になります。普通自動車の名義変更をする場合は実印が必要になりますが、申請依頼書では実印が必要ありません。実印を作るだけでも費用が掛かってしまうデメリットがあります。

新旧使用者の印鑑

軽自動車の名義変更には新旧者の印鑑が必要になります。自動車検査申請書には、新旧使用者の捺印が必要になります。そのため、印鑑は持参してから名義変更の手続きを行うようにしましょう。以前の名義人の印鑑も必要となり、一緒に手続きの場に行くことで一度で書類を完成させることが可能になります。もし、一緒に行くことができないのであれば事前で指定されている記入事項を記入して捺印してもらいましょう。

使用者の住所を証明する書面

使用者の住所を証明する書面は住民票で問題ありません。そのため、軽自動車の名義変更をするのであれば住民票のコピーを用意しておきましょう。住民票は名義変更の窓口で発行することができないため、忘れてしまうと手続きを一時中断する必要があります。個人の場合は住民票で問題ありませんが、会社で車を名義変更する場合は商業登記簿謄本が必要になります。個人と法人では用意する書類が異なるため注意しましょう。

車検証

軽自動車の名義変更時には車の車検証が必要になります。車検証とは車検を受けている証書であり、車検を受けた際にもらう証書です。住民票などはコピーでも問題ありませんが、車検証の場合は原本が必要です。一般的にアタッシュボードの中に保管している場合が多く、紛失してしまうと手続きをして再発行してもらう必要があります。ただし手間がかかる作業でもあるため、車検証はなくさないように大事に保管しましょう。

ナンバープレート

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら