【第2のテスラ】BMWの元副社長がリード!中国EVベンチャー「BYTON」

テスラ・モーターズの「モデル3」「モデルY」の発表、ジャガーの「i pace」の発売など、自動車メーカーのEV化は日々進歩しています。クルマのEV化は、Audi「e-tron」を筆頭としたVWグループや、2020年以降に「i4」「iX3」を販売するBMWなど既存のメーカーも力を入れています。
そして、大手の自動車メーカーだけではなく、中国のNIOやファラデー・フューチャーといったEVベンチャーも「第2のテスラ」となるべく、EV車両の開発と販売を行っています。多くの企業が、「第二のテスラ」を目指す中で、最もその存在に近いと噂されているのがBMWの元グループ副社長が創業した中国の新興EVメーカー「BYTON」です。

今回は、「BYTON」の設立から現在までの道筋と「BYTON」が「第2のテスラ」に近いと噂されている理由を紹介します。

第2のテスラ?「BYTON」はどのような自動車会社なのか

https://www.byton.com/

BYTONは、中国政府の支援を受け、中国江蘇省の南京を拠点にするEVベンチャーの自動車メーカーです。2016年に設立され2017年の資金調達により、南京工場とアメリカ支社を開設しました。2018年には、アジアの大規模なテクノロジーショーである「CES2018」にてEV車にスマート・デバイスを搭載した「M-BYTE」を公開しました。「M-BYTE」は、テスラも超える超大型スクリーンをメインパネルとして採用している事で、人気を博しました。その後、2つめのコンセプトカー「K-BYTE」を発表し、開発から発表まで圧倒的成長速度を実現しています。

BYTONはテスラとどう違う?

BYTONは、クルマを次世代のスマートデバイスに変えるため、絶えず革新的なモビリティを追求している自動車の技術者とコンピューターの専門家が集まった会社です。BYTONでは、自動車とデジタルリテラシーが互いに共存できることをコンセプトにしています。そのため、EV車の先駆者と言えるテスラに対して、BYTONはEVを前提としたクラウドネイティブな自動車メーカーです。
テスラ は、EV車の量産や販売を目的としておりシンプルなデザインを追求しています。しかし、BYTONではEVの量産や販売は当然であり、それに加えてクルマをウェアラブル端末のような身近な存在にすること、今までのクルマとは異なる革新的なデザインを目標としています。

BMW元副社長が創業!

https://www.byton.com/

BYTONは、BMWと日産のインフィニティーの中心人物2人によって創業されました。その2人とは、BMWグループの副社長を務め、BMW「i8」の開発責任者でもあるCarsten Brietfield氏と日産の中国ブランドのインフィニティの元社長であり、元BMWのマーケティング上級副社長でもあるDaniel Kirchert氏です。

共にBMWの開発と販売に携わり、BMWの販売台数の増加に貢献しています。BYTONの首脳陣には、BMWのデザイナーやエンジニアも存在し、大手自動車メーカーである「BMW Group」を支えてきたノウハウを活かせることもBYTONの強みの一つとなっています。

BYTONのラインナップは2種類

https://www.byton.com/

2019年後半に発売!SUVタイプEV「M-Byte」

https://www.byton.com/

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら