車のハンドルになぜイノベーションが起きないの?ハンドルの形状はずっと同じまま…

自動車のハンドルは登場してからというもの、基本的な構造や形は変わらず現在まで受け継がれています。そんな自動車のハンドルにはなぜ、イノベーションが起きず変化することがないのでしょうか。また、ハンドルの形状は自動車以前の乗り物から見られる形状であり、どのような分野が発祥なのでしょうか。

自動車のハンドルの歴史

世界初のピストンを使用した自動車は1769年に開発されたキュニョーの砲車だと言われています。このキュニョーの砲車は蒸気を使用した自動車で軍で使用される大砲を運搬するために作られており、車体の重量は重く大きな車体で速度は10km/h以下と言われています。キュニョーの砲車のハンドルは現在の自転車のハンドルのようなものを操作します。当時、走行実験中にハンドルの操作ミスで事故を起こしてしまい、自動車史で初めて事故を起こした自動車と言われています。

ティラーバーの普及

黎明期の自動車は馬力が少なく、速度があまりでないためティラーバーと呼ばれる棒状のハンドルが使用されていました。しかし、技術の進歩により高性能化し部品量の増加などで重量が増加した自動車を前に、ティラーバーでの操作は難しくなり緻密な操作を可能とするステアリングホイールが採用されるようになりました。

ステアリングホイールの歴史


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら