エンジンオイルの役割、交換の時期や方法について|ベテラン整備士が教えます!

車のオイルの種類について

私の工場には毎日何台もオイル交換作業で入庫してきます。オイルと言っても車には様々な種類のオイルが使われています。お車のメンテナンスの中で交換頻度も多いエンジンオイルが一番良く耳にすると思いますが、エンジンオイルの他にオートマオイルやミッションオイル、そしてブレーキオイルなどがあります。このようにオイルにも種類があり、お客様からそれぞれの役割や交換時期の質問をされることがよくあります。

どのオイルもお車にはとても重要なものなので、愛車を長く乗るためにはしっかりメンテナンスしていくのが大切です。今回はその中でも、エンジンオイルについて詳しくお話ししていこうと思います。

エンジンオイルの役割と交換の重要性

エンジンオイルの交換は定期的に行うことが望ましいですが、普段からあまり意識していないことなのでつい忘れてしまった、大幅に交換時期が過ぎてしまった。などという人も多いと思います。

エンジンオイルを交換しないと果たして車はどうなってしまうのか。結論から先に言いますと最終的にお車は故障してしまいます。エンジンオイルは金属でできているエンジン内部のピストンの摩擦から熱を防ぎ保護をしてくれています。

具体的にお話ししますと、エンジンを始動している間は常に金属製のピストンが動いて摩擦や摩擦によって発生した汚れ、エンジン内の温度上昇など色々な症状が発生します。エンジンオイルはそれを保護し潤滑させてくれるのです。その他にも、ピストン内部の気密を保つ作用などもあります。潤滑・冷却・洗浄・密封・防錆。このようにたくさんの大事な役割を担っています。

エンジンオイル交換の時期の目安

エンジンオイルを交換しないでいますと、オイル内に溜まった汚れは排出されずオイルがどんどん劣化していき、潤滑作用などの低下になります。エンジン内の汚れも蓄積されていきます。すると次第にエンジンが潤滑に動かなくなっていき、負荷がかかっていまい最悪の場合エンジン停止につながります。

オイル交換を定期的に行っていれば、オイル排出時にエンジン内部に溜まった汚れも一緒に排出するのためきれいなエンジンの状態を保持する事もできます。

交換時期の目安としては一般に、軽自動車は1万キロもしくは半年に1回。普通自動車は1万キロもしくは1年に1回。その他ターボ搭載車は5000キロもしくは半年に1回、ディーゼル車は5000キロから1万キロに1回などと言われています。ですが実際は普段の走行の仕方にもよります。高速で走る機会が多い、坂道が多いなどの車の使い方によって交換時期は変わってきます。さらに、各メーカーによっても推奨時期は違うので取扱説明書などで確認しておくのも大切です。ちなみに私の工場では特殊なお車でなければ、前回の交換後から5000キロ走行もしくは半年に1回を目安にお勧めしています。

オイルは年数が経つにつれて劣化していきます。車を使う機会が少なくても自然に性能は落ちていくのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら