【日本で売れない三菱】三菱自動車はなぜこうなったのか

三菱と言えば、元々大きな財閥で巨大な組織力と財力のある三菱グループを思い出しますね。三菱重工や三菱地所、三菱UFJ銀行など。ローソンも三菱グループなんですよ。その中でも、比較的印象の強い「三菱自動車」ですが、最近あまり街で見なくなりましたよね?あの元財閥の赤いロゴ「スリーダイヤ」が全然街に走っていないなんて。昔はランエボの呼び名で親しまれた「ランサーエボリューション」がラリーを中心に車好きを沸かせていました。ホンダと張り合っていた時代もあります。そんな三菱自動車が、なぜ日本で売れない企業になってしまったのか。ここまで落ちてしまった原因はなんなのか。歴史を振り返りながら、今の三菱自動車の現状をお伝えしていきましょう。

三菱自動車のこれまで

三菱自動車は1970年に三菱重工から独立。三菱重工時代も含めれば、自動車を戦前から製造していることになり、日本最古の自動車メーカーと言うことができます。そんな老舗自動車メーカーですが、不祥事が原因で日産に34%の株を売って筆頭株主の座を渡しました。そんなこともあり、現在はルノー・日産・三菱アライアンスの一員となっています。

かつての栄光、ホンダと戦っていた時代

かつての三菱はWRC(世界ラリー選手権)に参戦し、チャンピオンに輝くなど、当時のラリーシーンを席巻していました。その高い技術力と、当時のRVブーム(ステーションワゴン、ミニバン、オフロードなどの車ブーム)でパジェロが人気になったことで、1994年にホンダからシェア率3位を勝ち取りました。パジェロと言えば、テレビ番組「フレンドパーク」の景品としてのイメージが強いですね。フレンドパークでパジェロが景品になったのも丁度1993年からのことです。その頃は憧れの車として景品になるほど人気があったのですね。

モータースポーツと高い技術力

先ほどの通り、三菱は4年連続でドライバーズタイトルを勝ち取り、当時はラリーレースの中心にいました。ラリーで勝つために4WDをアウディに負けじと開発していました。このラリーという存在が三菱自動車を4WDターボの第一人者とする要因だったのです。V6 2.0Lエンジンを搭載したFTOはカーオブザイヤーに輝き、ギャランは量産車世界初の直噴GDIエンジンを載せていました。また、1996年で既にセンサーで自動的にブレーキをかけるような現代のクルーズコントロールに当たる安全機能を開発するなど、高い技術力と信頼を持っていました。

度重なる不祥事と企業体質

さて、ここからが本題です。なぜ三菱自動車がかつての輝きを失い、落ちぶれてしまったのか。日本で売れなくなってしまったのか。それは、三菱自動車の度重なる不祥事が原因となります。命を預ける車ですから、その車を製造する自動車メーカーは信頼力が販売力に直結してきます。信頼できない自動車メーカーは車を売れないのです。三菱自動車の不祥事があまりにも多すぎるため、まずは一覧にして紹介します。

  • 1996年 米国三菱自動車製造でセクハラ。民事訴訟に発展した。
  • 1997年 総会屋(株主総会で権利を行使し、不当に企業から金品を受け取る組織)への利益供与事件が摘発。
  • 2000年 – 道路運送車両法違反(リコール隠し)が発覚、河添社長が辞任。
  • 2004年 またしてもリコール隠し。
  • 2004年 2002年の、ふそうトラックタイヤ脱落事故捜査により、3度目のリコール隠しと「ヤミ改修」(リコールを隠しながら不具合を改善すること)が発覚。多くの経営幹部や開発部門関係者が逮捕されて経営的に破綻しかける。
  • 2016年 燃費試験の不正問題が日産に指摘され発覚。
  • 2016年 燃費試験の不正発覚後も不正な方法で試験を行なっていた。
  • 2017年 日産と共に景品表示法の優良誤認違反で消費者庁に措置命令を下される。
  • 2018年 技能実習生のフィリピン人に不当な業務をさせる。
  • 2018年 代表取締役カルロス・ゴーンが金融商品取引法違反容疑で逮捕

こんなお騒がせ自動車メーカーは他にあるでしょうか。こんな短時間に3回もリコール隠しをするメーカーで車を買いたいと思いますか?リコールに関しては精密機器を製造する上である程度は仕方のないことであると思います。人の作るものですから、多少の問題は出てきてしまいます。しかし、それを隠すというのは不誠実極まりないことです。三菱が落ちぶれたのは自業自得なんです。悪いイメージが定着してしまって回復しないのではありません。三菱自動車は現在に到るまで不祥事を起こし続けているのですから。これは企業体質と言っていいでしょう。歴史のある大企業というのは独自の体質を持ってしまい、「おかしい」ことも「おかしい」と言えない社風になってしまうのです。

この不祥事により、三菱は世間からの信頼を失うだけでなく、経営的にも大打撃を受けました。持っている株を売りまくって資本提携を失い、バス事業は独立させざるを得ない状況に。ハローキティを宣伝に起用し、日本ハムファイターズのスポンサーになってなんとか黒字転換するものの、セダン市場から撤退し、上場も廃止になりました。最終的には日産に泣きついて株を渡し、再建を頼みました。しかし、現在はカルロス・ゴーンが逮捕されてしまったので、これからもどうなることやらですね。

三菱自動車の悲しい現状

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら