対向車のヘッドライトが眩しい!6つの原因とすぐできる対処法5つ

車を運転しているときに、対向車や後続車のヘッドライトが眩しいと感じることがあります。眩しいと感じた場合には、前方の視界が悪くなるため、非常に危険です。しかし、そのヘッドライトの光に対しては、いろいろな対処方法があります。

対向車のヘッドライトが眩しいと感じる人が増えている

車を運転しているときに、対向車のヘッドライトが眩しいと感じることがあります。その対向車のヘッドライトが眩しいことで、前方が見えなくなってしまうこともあるので非常に危険です。そのヘッドライトが眩しいと感じる機会は、以前と比べて増えてきています。LEDライトの普及がその理由の一つだと言われています。LEDライトは明るくて、消費電力が少ないというメリットがありますが、対向車にとっては、危険を及ぼす可能性があります。

ヘッドライトが眩しいと感じる6つの原因

ヘッドライトが眩しいと感じる機会が増えた理由の1つとして、LEDライトの普及がありますが、その他にもヘッドライトが眩しいと感じる原因はいくつかあります。ヘッドライトが眩しいと前方が見えなくなってしまうこともあるため、まずはその原因を把握してから対策しましょう。

原因1:ハイビームのまま走っている

車のライトはロービームであれば照射距離は40mほどですが、ハイビームであれば照射距離が100mほどになります。そのため、ハイビームの状態で走っていると、対向車に向けられる光も強く、眩しいと感じてしまうことになります。対向車の多い、明るい街中であれば、多くの車はロービームで走っています。しかし、ハイビームにしたことを忘れていて、ロービームに戻し忘れるということはよくあります。

原因2:ヘッドライトの光軸調整をしていない

LEDのヘッドライトには外観がお洒落な物も多いです。そのため、社外品のLEDヘッドライトに交換するという人もいます。しかし、社外品のLEDヘッドライト光軸のズレや、カットラインの質などによって、ロービームでも眩しいと感じてしまうことがあります。LEDヘッドライトには光軸を調整する機能が付いた車もありますが、そのような機能がついていない場合、調節を行っていないことで眩しいと感じる場合があります。

原因3:積載量による車の沈み込み

乗車状況や積載量とその置き場所によっては、車体が沈み込むことで、車の姿勢が変わってしまうことがあります。光軸が正しくても、車の姿勢が変わり、カットオフラインが上を向いてしまうことで対向車が眩しいと感じてしまうようになります。このような場合には、レベライザーで照射方向を調整する必要があります。

原因4:雨天時などの光の乱反射

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら