夢のマッスルカー、ダッジはどんな自動車ブランド?

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんな人が多いかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いと思われます。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。今回は数多くの自動車の中からダッジについて紹介していきたいと思います。

ダッジとは?

ダッジはクライスラー社の1ブランドです。アメリカを代表する自動車ブランドですがどのようなブランドなのでしょうか。

ダッジの設立

ダッジはジョン・フランシス・ダッジとホラティウス・エルジン・ダッジのダッジ兄弟が設立したダッジブラザーズ・バイシクル&モーターファクトリーが始まりです。自動車業界で企業を図っていたヘンリー・フォードがダッジ前身となる会社に接触し、フォード・モーター設立の手助けをしました。現在ではブランドの展開が南北アメリカのみとなっており、グローバルブランド化を目指して2006年には欧州および豪州で販売を30年ぶりに再開しましたがフィアット傘下に入った際に撤退していきました。

ダッジが生み出した名車

ダッジが誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。ダッジの生み出した数々の名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

ダッジ・チャレンジャー

手頃な価格でコンパクトかつスポーツ走行が可能なスタイリッシュなモデルでポニーカー市場に参入したモデルの中では後発でした。ダッジ・チャレンジャーは大衆に受け入れられ、トータルセールスは16万台を超えるセールスを記録しました。現在販売されているダッジ・チャレンジャーは初代ダッジ・チャレンジャーを彷彿とさせるデザインを採用しており、多くのユーザーから支持されています。

ダッジの魅力ってどんなところ?

ダッジは世界を代表する自動車ですがなぜここまで世界的に人気のある自動車になったのでしょうか。その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

マッスルカーの魅力

ダッジの魅力は70年代ならではのデザインやマッスルカーとして大排気量ならではのパワーを味わえることです。現代ではハイブリット化や電気自動車といった環境に優しい自動車が求められています。それに反したエンジンの振動を感じガソリンを撒き散らしながら運転する楽しみを感じられるのは、ダッジならではの体験なのではないでしょうか。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

【Ancarに掲載中のおすすめ車両】