【新元号】元号が『令和』に変わるけど免許証の有効期限や更新はどうなる?

2019年4月1日、いよいよ5月1日から制定される新元号が『令和』になると発表されましたね。今回は元号では初となる日本最古の歌集、万葉集からの出典だということですが、今回の新元号制定に当たって色々なものや書類の記載が変わっていくと思われます。その中でも特に私たちが毎日持ち歩くものの中に『免許証』がありますよね。その免許証の有効期限の記載や免許更新時の対応はどうなるのか、ご紹介したいと思います。

いつから『令和』記載の免許証になるのか

発表された新元号『令和』が免許証の有効期限に正式に記載されるのは、『令和』が正式に制定される(新天皇が即位される)5月1日の後、祝日等を挟んで初めて免許証の新規取得・更新手続きが可能になる5月5日が最短になる見込みです。新元号対応についてはシステム変更も伴うため、県によってはもう少し遅くなる可能性があります。対応可否の進捗は随時最寄りの警察署、免許センター等で確認しましょう。

(東京都の場合はこちらで確認できます。)

今回の新元号制定にあたり、免許証の有効期限が平成31年5月1日あたりの人は要注意です。

有効期限が5月1日以降の人は元号の変換が必要

元号改定により起こりえる問題は、旧元号記載の免許証の更新年を間違えてしまうことです。
「まだ大丈夫かな?」と思っているうちに免許証の有効期限が切れていた、ということもありえます。

免許更新し忘れを防止するためには、『免許更新のお知らせ』を確実に受け取れるように手続きを行っておきましょう。免許更新のお知らせは更新が近づくと公安委員会から免許証の住所に送られてきます。もし、免許証と現在お住まいの住所が異なる場合には、最寄りの警察署で住所変更を行いましょう。
住所変更自体は5分程度で終わります。


手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。