なぜ田舎には閉店したガソリンスタンドが多いのか?

よく田舎の方へドライブなんかで行くと、廃業したガソリンスタンドを見かけることが多くあります。他の業種の閉店したお店はあまり見かけないのに対し、廃業したガソリンスタンドばかり見かけるのはなぜなのでしょうか。今回はそんな田舎には廃業した後のガソリンスタンドが多く見かけられる理由についてお話していきたいと思います。

そもそも廃業するガソリンスタンドの母数が多い

HVやPHVの台頭

まず最近のガソリンスタンドの情勢について、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車の普及でガソリンスタンドの必要性がどんどん減ってきていることがあげられます。ここ数年になって急激にエコに対しての意識が高まり、これからの地球のことについて多くの人が考えるようになりましたし、自動車メーカーもそれに合わせて電気自動車やハイブリッド、プラグインハイブリッドなど、ガソリンをなるべく使わないエコな車の販売に乗り出しました。また、一般的なガソリン車においても燃料の燃焼効率は上がり、20km,30km/Lの燃費は当たり前になってきました。そういった方向に車が進化する中で、どうしてもガソリンスタンドに行く回数は少なくなっていきます。結果的に年々ガソリンスタンドの数は減っていますし、今後もその数は少なくなっていくと予想されるでしょう。

消防法の改正

次に消防法が改正されたことが理由として挙げられます。危険物の流出事故件数(特にガソリン)が2008年に過去最高水準の386件に達し、翌年に検討会議が開かれ、2011年から消防法の一部である危険物の流出防止についての内容が改正されました。これは簡単に言いますと、今までは義務化されていなかったガソリンスタンドの地下にある貯蔵タンクの経年劣化対策を義務化するというものです。貯蔵タンクの状態が3段階で評価され、一番悪い評価のものは処置をしなければなりません。その際に国から補助金はでますが、業者側は少なくとも70万円以上は出費しなければいけないことになります。そうなると、長年やっているガソリンスタンドは経営が立ち行かなくなり、廃業となってしまうのです。もちろん廃業した後も管理はしなければいけないのですが、放っとかれているところがほとんどです。

なぜ田舎のガソリンスタンドは放ったらかし?

人通りが少ない

田舎のガソリンスタンドが放ったらかしになっている理由として、まず人通りが少ないということがあるでしょう。ガソリンスタンドが廃業をしても人通りが少なければ誰も同じ土地を買おうとはしないため、自然と土地が放っとかれる可能性が高くなります。また、最近では地方の高齢化が進んでおり、若者は車を持たなくても生活できる都会へと集中しています。その影響もあり、田舎の方がさらに人通りが少なくなってきており、田舎のガソリンスタンドの土地はさらに買われなくなっているという背景もあります。

土地が汚染されている

ガソリンスタンドを営業した後の土地は汚染されていることが多いのも、放って置かれてしまう理由です。ガソリンやハイオクの中には土壌汚染対策法で指定されている特定有害物質のベンゼンや鉛(現在は含まれていない)が含まれておりその土地の浄化費用を土地を売る際に払わなければならないため、より廃業したガソリンスタンドは他の業者に土地を売らなくなり、そのままにしてしまうのです。

ガソリンスタンドの今後

ガソリン車禁止の影響でさらに減少

HVやPHVの台頭というところで、これからもガソリンスタンドは減少していくということはお話しましたが、今後は政府が「2030年までにガソリン車の販売を禁止」という方針を打ち出したことでその傾向はさらに加速していきそうです。ガソリン車廃止と言っても全てが電気自動車となるわけではなく、ハイブリッドやプラグインハイブリッドなどにしていくということなので完全になくなるということはないですが、それでもガソリンスタンドの数は急激に少なくなっていくでしょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら