【梅雨になる前に】雨の日ドライブの危険性とおすすめのタイヤ

いよいよ4月になり、少しずつ暖かくなってきましたね。しかし春になったばかりではありますが、5月下旬から6月中旬ごろには梅雨がやってきます。出かける予定が立てづらい、洗濯物が外に干せない、髪の毛セットしたのに湿気でうまくまとまらない…。などなど私たちの生活に少なからず影響してくる梅雨ですが、その雨の日にいつも以上に気を付けないといけないこと、それは『運転』です。

しかしドライバー自身が気を付けて運転するだけでなく、雨の日の危険性を理解し、そして効果的なタイヤを装備していることが、事故につながる危険性を減らしてくれるでしょう。今回は、雨の日の運転の危険性と、今のうちに変えておきたいおすすめのタイヤをご紹介いたします。

雨の日は事故発生率が4倍!!

雨の日の運転は、視界が悪くなり、路面が滑りやすいため制動距離(ブレーキ開始から所定の速度に到達するまでの距離)も伸びるなど、事故につながりやすくなります。皆さんの中にも、雨の日に運転していてマンホールでタイヤが滑りヒヤッとした方、追い越しの際の加速時にタイヤが滑りヒヤッとした方、いらっしゃるかと思います。首都高速道路株式会社の調査によると、雨天の時間は年間総合時間の6%ほどにもかかわらず、雨天時に発生した交通事故件数は、全体の18.4%を占めていて、晴天時と雨天時それぞれの時間に対する事故件数でみてみると、以下のグラフのようになるということです。

参照元:https://www.shutoko.jp/use/safety/driver/rain/

このグラフから、雨天時には交通事故発生率が晴天時に比べて4倍になるということが分かります。こうしてみるといかに雨天時の運転が危険かということが再認識できます。そして同社の調査によると、その雨天時の事故の中で施設接触事故(側壁などに接触する事故)の割合が40.3%で一番大きいとのことです。

なぜ雨の日の事故が多いのか?

しかし、そうはいっても実際には何が原因で雨天時の事故が起こるのでしょうか。先ほど視界の悪さと路面の滑りやすさを述べましたが、その2つについて詳しく解説していこうと思います。

①視界の悪さ

雨の日の事故の中には、特に夜間の運転中に歩行者や自転車の発見が遅れて事故につながることが多いです。衝突するまで気が付かなかったというケースがあるほど、雨天時の運転で、特に夜間はさらに細心の注意を払うことが必要なようです。もし事故を起こしてしまって、さらには歩行者などに対しての事故で、命を奪ってしまったりすることは何としてでも避けたいものです。

②路面の滑りやすさ

視界の悪さから危険性の発見が遅れて事故につながるケースがあると述べましたが、そういったすべての事故原因に絡んでくるのが、『路面の滑りやすさ』です。もちろん雨天時には総合的に見て路面が滑りやすくなるのですが、その滑りやすい路面に対して最も影響してくるものが、タイヤの状態です。

以下の動画では、路面ドライ時と路面ウェット時それぞれにおいて4種類の摩耗度合いのタイヤ、さらに60kmと100km走行時の制動距離を計測したものです(参照元:JAF)。

こちらの動画からわかることは、路面ドライ時にはタイヤの摩耗度合いにあまり変化は見られませんでしたが、路面ウェット時(雨天時)の100km走行時になるとその差がものすごく開くことが分かりました。特に2分山タイヤ(使用限度1.6mmに対する溝の深さ3.1mmのもの)に関してはドライ路面の場合に対して制動距離が1.7倍にもなりました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら