【MAZDA】新作CX-30は他CXとは違う「ちょうどいい」SUV

マツダがティーザー写真で新型SUVのリアを公開し、2019年3月のジュネーブモーターショーで展示すると発表していました。その車格は明らかにSUVで、デミオではない。CX-5でもCX-8でもない。となれば、新型CX-3が発表されると世間を騒がせていました。そして公開されたのが「CX-30」です。ええっ??CX-30ってなに!?と誰もが思ったはずです。急にiPhone80が出るような衝撃ですよね。CX-8やCX-9のように、数字が大きくなると3列シートになって車体が大きくなるというセオリーがありましたから、CX-30は8列シートのSUVバスなのでしょうか。いやいや、CX-30はCX-3のような車格ですよ。しかし、CX-3とは違いますし、他のCXシリーズともサイズが違います。そのサイズからCX-30の特性が見えてきますので、他のCXシリーズと比較しながら紹介しようと思います。

サイズはCX-3とCX-5の間

ちなみに、マツダのCXシリーズのラインアップはご存知でしょうか。日本にはCX-5を中心に、小さめのCX-3と3列のCX-8があります。そして、海外向けのラインアップで北米向け3列シートのCX-9と中国向けのCX-4があります。それぞれCXの後の数字で車格がなんとなくわかるようになっていますね。では、CX-30はどのあたりのサイズになるかというと、CX-3とCX-5の間になります。あれ?CX-4は?と思った方もいると思いますが、それは後ほど。

CX-3のサイズ

全長(mm)4,275
全幅(mm)1,765
全高(mm)1,550
ホイールベース(mm)2,570

CX-3はコンパクトクロスオーバーSUVという位置付けで、CX-5では大きくて運転しづらい人向けに車格をコンパクトに抑えたSUVです。コンパクトカーのデミオをベースに作られたSUVなのでとても扱いやすく、気軽にSUVの味わいを楽しめるのが特徴です。運転のしやすさから、女性やシニア層に人気でCX-5をそのまま小さくしたようなSUVです。

CX-30のサイズ

https://www.mazda.com/en/new-generation/cx-30/

全長(mm)4,395
全幅(mm)1,795
全高(mm)1,540
ホイールベース(mm)2,655

サイズで比較するとCX-3とCX-5の間に入るSUVです。しかし、サイズをよく見るとCX-30の特徴が見えてくるかと思います。全長は中間のサイズですが、全幅はCX-3寄りに抑えられ、全高はCX-3よりも低くなっています。都市部の狭い道路や立体駐車場を想定し、なおかつ室内空間を確保してファミリー層が使いやすいSUVなんです。また、長く低いCX-30のスタイルはSUVよりもクーペのような美しい印象を受けますね。下部がグレーになっていて、ハッチバックセダンをSUV化カスタムしたみたいになっていますね。おそらくMazda3をベースにしたためだと思いますが、上部だけが目に入ってクーペのように美しく見えるので、これはこれでいいですね。

CX-5のサイズ

全長(mm)4,545
全幅(mm)1,840
全高(mm)1,690
ホイールベース(mm)2,700

CXシリーズ一番人気のCX-5。クロスオーバーSUV人気の立役者でもあります。室内が広く、荷室も十分にあり幅広い層で親しまれています。フルサイズSUVやクロカンと呼ばれるようなSUVに比べるとコンパクトで運転しやすいというのがウケていますね。大きいけど大きすぎない。それがCX-5です。

違いはサイズだけじゃない。マツダの新世代を走る車

https://www.mazda.com/en/new-generation/cx-30/

Mazda3が新世代と呼ばれ、新しいマツダの形を見せてくれました。CX-30はそのMazda3に次ぐ2台目の新世代車種として登場します。つまり、デザインもテクノロジーも最新な車種なのです。もはやCX-3やCX-5とは比較できない世代かもしれません。もしかしたら、他のCXシリーズもCX-30に続いてCX-50などになっていくかもしれませんね。

最新のSKYACTIV-XエンジンとM Hybridを搭載

SKYACTIVE-Xエンジンは次世代の燃焼システムを持ったエンジンです。今まで不可能だったガソリンをディーゼルエンジンのように圧縮発火させることを成功させ、両方の特性を持ち合わせる新しいエンジンになりました。ディーゼルエンジン特有の太いトルクと低速での加速、そして効率よく燃焼させることで燃費もよくなります。燃料はガソリンを使うので高速での伸びもよく、マツダの人馬一体をより進化させるエンジンになっています。

http://www.mazda.com/ja/csr/special/2017_01/


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら