【テスラキラー?】10年目標2,200万台?VWグループのEV侵略作戦とは

皆さんは、現在世の中で流通している電気自動車(以下EV)といえば何を思い浮かべるでしょうか。国産なら日産LEAF、三菱のi-MiEV、BMWi3、VWe-Golf、そしてテスラ。まだまだ数は少ないので知らない方もいらっしゃるかも知れませんが、EV業界は今後どんどん普及してくる業界のうちの1つとして、各自動車メーカーが力を入れています。

その中でも特に異彩を放っているのが、何と言ってもテスラ(Tesla Motors)ですよね。テスラは、アメリカのシリコンバレーを本拠地とする新興EVメーカーです。 日本では今まで、あまり知名度が高いとはいえなかったものの、最新型のモデル3の登場や先日のモデルYの登場などによって徐々に知名度を上げています。 しかし今勢いに乗っているそのテスラに、待ったをかけようとしているのが、VWグループです。今回は今後のEV業界の動向を、VWグループのEV侵略作戦を紐解きながら考えていきたいと思います。

現在の電気自動車情勢

では、まず現在のテスラの実績をEVの2018年モデル別販売台数から見ていきましょう。

参照元:https://www.hyogo-mitsubishi.com/news/data20190220090000.html

こちらは三菱自動車がHPで公開しているもので、EVだけでなくPHV(電気モーターのアシストで走るガソリン車、充電なし)とPHEV(電気モーターのアシストで走るガソリン車、充電あり)なども含まれているものなのですが、なんとテスラのEVはハイブリット車なども差し置いて2018中ラインナップの全てがランキング5位に入っていますね。日産LEAFもなかなか世界を相手に奮闘していますね。

しかしとにかくこのグラフで、EVに限らず電気モーター搭載自動車の中でもテスラがかなりのシェアを占めていることがわかります。

テスラモーターズのビジョン

現在のラインナップ

そんなテスラですが、今後はどのような作戦なのでしょうか。まずは現在のラインナップを見てみましょう。

上で紹介したランキングでもご紹介しましたが、2019年3月22日現在テスラが全世界で販売しているのはコンパクトセダンのモデル3(日本納車は2019年後半)、大型SUVのモデルX、そしてフラッグシップセダンのモデルSです。加えて現在はつい先週予約が開始し、2020年からの納車となる予定のコンパクトSUVのモデルYと2台目となるオープンスポーツカーのテスラロードスターがあります。以下に自動車の主要ボディタイプ表を用いてまとめてみます。

こうしてまとめてみると未だに主要ボディタイプの全てを抑えられているわけではないということがわかります。特に日本をはじめとするテスラのターゲット市場では、コンパクトハッチやミニバンの需要は大きくなるのではないでしょうか。

今後のビジョン テスラはエネルギー会社に?

しかしもちろん、テスラも今の現状で満足している訳ではなく、2019年中にはEVセミトラック、2019年末をめどにEVピックアップトラックを発表する予定で、輸送・流通の業界に本格的に参入していく様子です。

しかしテスラの一番大きなビジョンは、ボディタイプの投下も重要ですがそれよりも、バッテリーやエネルギーの問題を大きく改善していきたい意向だと言います。テスラの公式FacebookにてテスラCEOのイーロン・マスク氏は、2020年までにテスラ車の1回の充電での最大航続距離を745マイル(約1,200km)まで伸ばすことが可能になると発言しています。更にマスク氏は、自身のいとこにあたるリンドン・ライブ(Lyndon Rive)氏が設立した太陽光発電会社も買収していて、将来的には『持続可能エネルギー会社』になるという発言もしています。

下の写真はそのビジョンのうちの1つでもある、テスラによる世界最大の燃料電池生産工場、テスラ ギガファクトリーです。このように、これからマスク氏が実際にどのようにしてテスラを発展させていくかは正直誰にも正確なことはわかりませんが、とにかくEVのラインナップ充実だけでなく、その先も見ていることが伺えますね。

参照元:https://www.tesla.com/jp/gigafactory

VWグループのビジョン

VWグループとは

VWグループとは、フォルクスワーゲンが中心となっているグループ会社です。その傘下にはあのアウディ、ポルシェ、ランボルギーニ、ベントレー、ブガッティをはじめ、セアト、シュコダ、ドゥカティ、スカニア、MANがいます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら