ATF交換に関すること7つ!オートマオイルの重要性と関連事項を解説

ATF(オートマオイル)は交換が必要にもかかわらず、オイルの種類や交換方法を誤ると、不具合やトラブルを起こす、デリケートな作業が必要なオイルです。交換の時期やタイミング、方法や費用、ATF交換に関する注意点などについて説明しています。

ATFとは

ATFとは、オートマチックトランスミッションフルード(Automatic Transmission Fluid)の 略称で、オートマオイルと呼ばれています。AT車のエンジンの動力の伝達、ギヤを摩擦から保護する潤滑機能、ATの熱を逃がす冷却機能など、自動変速をするために必要な役割を担っているオイルです。

ATF「オートマオイル」は劣化が遅いオイル?

ATFはエンジンオイルと比較すると知名度が低く、あまり知られていないオイルですが、劣化が遅いオイルというわけではありません。使用年数や走行距離に比例して徐々に劣化し、不純物が増えていき、車の発進や加速、ギアチェンジがスムーズに行えなくなったり、燃費の性能が低下したりするなど、さまざまなトラブルを引き起こします。

ATF交換に関すること7つ

ATFはエンジンオイルの交換のように、定期的に交換しなくてはいけないのかというと、そうではありませんが、とりあえず交換しておけば大丈夫というオイルでもありません。知識なく安易に交換すると、交換したにもかかわらず不具合を引き起こす可能性もあります。時期やタイミング、方法や費用、ATF交換に関する注意点などについて説明していきます。

ATF交換に関すること1:ATF交換は必要?必要ない?

ATF交換は必要か必要ないかと問われると、答えは必要です。しかし、ATFは各メーカーによって交換時期として推奨されている走行距離がバラバラで、一概に決まった取り決めがありません。定期的にメンテナンスすることに越したことはありませんが、12か月点検や最低でも車検時には、専門家に汚れをチェックしてもらい、状態に応じて交換してもらいましょう。

ATF交換に関すること2:ATF劣化頻度は乗り方で異なる?

ATFの劣化頻度は乗り方で異なります。ATFも他のオイル同様に劣化してしまいます。高温や汚れ、粘度の低下により劣化が進行し、摩擦特性に大きな影響を与えるようになります。渋滞によるノロノロ運転が普段から多い、偏平、ワイドタイヤを装着している、山道走行、急発進、急加速を頻繁にしているなど、負担がかかりやすい運転は、ATFだけでなく車体そのものの劣化スピードを早める原因となります。

ATF交換に関すること3:ATF劣化によるトラブル

ATF劣化によっておこる代表的なトラブルの現象は次の6つです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら