アルファード・ヴェルファイアがアジア各国で売れている理由。高く売却するには?

こんにちは。最近、香港と東南アジアに旅行する機会がありました。楽しく過ごしている中で気づいたことが、どの国でもアルファード・ヴェルファイアの走っている台数がものすごく多いことに気づきました。香港やバンコク市内では日本よりも走っているのではないかと感じるほど、多くの台数が走っていました。なぜここまでこの2車種が人気なのでしょうか?人気の理由とこの2車種を高く売却する方法について考えてみました。

アルファードとヴェルファイアが人気なのは日本だけではない

軽自動車が飛ぶように売れる日本であっても、アルファードとヴェルファイアは特別で、常に人気がある車種の1つとなっています。発売されてから時間が経っている現在でも、日本では納期に3ヶ月近くかかるほど人気の車種です。これは車両価格が400万円を普通に超える車両ではあまり考えられない現象ではないでしょうか。

そんな人気車であるアルファードとヴェルファイアですが、海外でも同じように人気の車種となっています。特に、日本と同じアジア圏での人気が高く、取引価格も高騰しています。

アルファード・ヴェルファイアが飛ぶように売れている国

香港

まずはこの動画をご覧ください。いかにアルファードとヴェルファイアが香港で走っているかがわかるのではないでしょうか?

どこの道を歩いていてもアルファードとヴェルファイアに埋め尽くされているというのは、過言ではなく本当に現地で実感することでした。

香港は比較的所得が他のアジア諸国と比較しても高く、富裕層も多いためアルファードなどのラグジュアリー系の大型ミニバンが好まれるのであろうと思われます。

香港でのアルファードの最安値モデルである「Alphard250」というグレードであっても、549,990香港ドル(782万円)〜という価格で取引されており、日本で販売されている価格よりも高額で販売されています。しかも、日本ではあまり見ることのない最高グレードである「Exective Lounge」というグレードを多く見かけるのも注目ポイントの1つです。

香港では、ヴェルファイアは3.5Lモデルの「Vellfire350」というグレードしか発売されていないのを考えると、アルファードの方が人気で様々なエンジンの選択肢が与えられていることがわかります。

台湾

香港と近い文化を持っている同じ中華圏の国である台湾もアルファード・ヴェルファイアが人気の国の1つです。しかし、台湾ではヴェルファイアは発売されておらず、アルファードのみの販売になっています。日本ではどちらかといえばヴェルファイアの方が人気がありますが、香港台湾ともに日本とは逆でアルファードの方が人気があるようです。

香港と比較すると所得などが低い台湾ですが、空港周辺や台北101という高級ブティックが集まるビル周辺では多くアルファードを見かけました。もちろん、香港ほどの台数ではないですが、それで町中も歩いていると見かける回数は多いなと感じました。

ハイヤー需要などでアルファードの台数が多くなっているのか、筆者が台北101でUberを呼ぶとアルファードが配車されたこともあり、台湾の高所得者にとって、アルファードなどの高級ミニバンの需要は大きいように感じました。

台湾ではアルファードの高級グレードである「Executive Lounge 3.5L」というグレードしか取り扱われておらず、その車体価格は960万円にも上ります。香港よりも年収の低い地域であるにもかかわらず、高いグレードしか用意されていないということを考えると、台湾ではアルファードを自家用車にするという考えはほとんどなく、VIPサービスなどに使うことを前提に販売されているように感じます。

タイ

首都であるバンコクの経済発展が著しい「タイ」もアルファードとヴェルファイアが売れている国の1つです。他のアジア地域でも日本車は人気ですが、ASEAN諸国ではそれ以上に日本車の人気が強い地域になります。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら