世界最速!?新型テスラ ロードスターはモンスター電気自動車

アメリカのシリコンバレーを拠点にする、イーロンマスク率いるテスラ。電気自動車の開発で大変有名ですが、そんな新興EVメーカーのテスラが発表している新型ロードスターをご存知でしょうか?これまでにもベンチャー自動車メーカーとして革新的な自動車を開発してきましたが、新型ロードスターはこれまた常識を覆すほどの化け物じみた電気自動車なのです。この発表が本当だとしたら間違いなく世界最速の車なのですが、果たして実現されるのでしょうか。

こんなの本当に実現するの?電気自動車新型ロードスターとは

https://www.tesla.com/jp/roadster

なんとも近未来的な無駄のない流線型のデザインですね。ド派手なスーパーカーとは違ってスマートな印象を受けます。見た目はこんなにスマートなのに、中身はなかなか、ぶっ飛んでいます。これで最高速の400km/hを出したら、飛んでいってしまうのではないかと心配になってしまいますね。しかし、新型ロードスターは堂々と発表されているのです。まずはその発表の様子をご覧ください。

おそらく、中身はまだ完成しておらず発表のために作った試作品であると思います。しかし、電気自動車ならではの急激な加速感や滑らかな走りは伝わってきますね。これなら本当に実現できるのではと期待が高まります。

0-100km/h 2.1秒で世界最速を目指す

停止状態から時速100kmに到達するまでに2.1秒というのがどれくらいすごいことなのかわかるでしょうか。現在の0-100km/hはポルシェの918スパイダーが最速で、2.2秒です。しかし、これはコンセプトカーなので買うことはできません。ちなみに、ランボルギーニのアヴェンタドールは2.9秒です。ハイパーカーと呼ばれるような化け物達も2秒台後半が多く、ロードスターの2.1秒というのはぶっちぎりの数字です。自動車界のウサインボルトみたいなものなのです。

ガソリン車を打ち負かすモーター

その速さの秘訣は電気自動車という点にあります。世界最速を目指すのにもはやエンジンは不要。高出力なモーターを積むことがテスラの導き出した答えです。ロードスターに搭載されるモーターはなんと3つと言われています。テスラの0-100km/h 2.6秒のモデルSがデュアルモーターと呼ばれ、2つのモーターで動いていました。モーターが3つもあれば世界最速になるのも納得です。さらに、課題とされていた航続距離は1000kmです。プリウスが1500kmほどで、さすがにハイブリッド車には及びませんが、これほどのスーパーカーで1000kmというのは十分すぎる数字です。東京から福岡まで充電なしで行けてしまいますからね。

スーパーカーでは珍しい4シーター

スーパーカーといえば低いシートで二人乗り。実用性よりもデザインと速さを重視していて、大きいエンジンや空力のために車内は狭くなっている印象ですが、このロードスターは4人乗りなんです。しかもオープンカー。こんな車に家族で乗る人はなかなかいないと思いますが、荷物も置けますしシートが多いに越したことはありません。他に4シーターのスーパーカーといえば、フェラーリのFFやカリフォルニアTでしょうか。しかし、これらはスーパーカーと言うよりもスポーツカーと言うべきでしょうね。

発売日や価格など気になる情報をお届け

https://www.tesla.com/jp/roadster

現実離れした数字だけ発表され、まるでSF世界の車のようなロードスターですが、どうやら本当に発売されるようなのです。しかし、詳しいことはまだベールに包まれています。ただ、予定されている発売日も近づいて少しづつ正体が明らかになってきています。発売まで待ち遠しいですが、まずは今わかっている情報をお伝えします。

価格は2,270万円を予定

4億円くらいするのかと思っていたら、桁が違いました。まさかの2,270万円。安いというのはちょっと感覚がおかしいですが、コスパがいいのは間違いありません。こんなにコスパのよいスーパーカーが他にあるでしょうか。世界最速なのだからもっと高くてもいいのにと思ってしまいますね。あれ、ホンダのNSXよりも安いじゃないですか。なんてお得なのでしょう。それでも、テスラのハイテクなインテリアになることは間違いなく、便利なタッチスクリーンや音声コントロールも搭載されることでしょう。

発売は2020年頃らしい

発売は2020年と言われています。東京オリンピックの年ですね。本当にあと1年で発売されるのか不安ですが、このように目撃情報が増えてきています。


これは、明らかにロードスターのテスト車両でしょう。また、欧州にて発表から改良したモデルも登場しました。ホワイトカラーも似合いますね。コンセプトデザインよりも少し落ち着いた感じですが、市販に向けて綺麗にデザインを落とし込めていると思います。


いったい何台販売されるのかわかりませんが、4シーターで実用性も高くかなりの人気が予想されます。車体は2,270万円と高級車ですが、予約金は60万円です。締め切ってしまう前に予約してしまいましょう!

謎の多いテスラCEO、イーロンマスクの発言

テスラのCEO、イーロンマスクをご存知でしょうか。名前だけ聞いたことがある人も少なくないと思います。イーロンマスクはPayPalの前身となる会社を設立し、ロケットを開発するスペースX社を起業、そしてテスラを起業した実業家です。最近はボーリング社を立ち上げてラスベガスに地下トンネルを作ろうとしていますね。ロケット事業のスペースX社でも何度も打ち上げに成功し、現在は100人乗れる宇宙船を開発しています。そんな夢とロマン溢れるイーロンマスクですが、その影響力からネット上では不可思議な発言でしばしば話題になっています。

小型ロケットエンジンを10基搭載

ロードスターに小型ロケットエンジン10基を搭載するオプション「スペースXパッケージ」が存在すると発言しています。


車に小型ロケットエンジンをそんなにも搭載できるのでしょうか。そもそも、クリーンな電気自動車が特徴のテスラ車がそんなことをするとは思えません。電気自動車にロケットエンジンってかなりチグハグですよね。しかし、この「スペースXパッケージ」でなければ発表されているスペックに到達しないとも言われています。やはり、モーターだけでは不可能なのでしょうか。

新型ロードスターは空飛ぶ車

イーロンマスクは「ロードスターは空を飛ぶことも可能」という内容の発言をしています。ロケットエンジンが搭載されていれば空も飛べるような気がしますが、安全性が問題となるようです。空飛ぶ車を目指しているイーロンマスクですが、同氏が立ち上げたボーリング社では、空を車が飛び交うのは危険だから地下を走らせようという思想でトンネルを作っています。もしかしたら、空飛ぶ車の開発は諦めたのかもしれません。

人間の能力を増強するモード

0-100km/h 2.1秒。最高時速400km/hのロードスターをコントロールするには常人の運転能力じゃ不可能ということのようです。そのため、ロードスターには人間の運転能力を増強するモードが搭載されるのだとか。

「まるでフライングメタルスーツのように」つまりアイアンマンのような能力を手にできるということでしょうか。まさかとは思いますが、確かにロードスターを運転するのにはSFのようなシステムが必要だとは思います。おそらく、自動運転やARスクリーンなど画期的なドライビングアシストが搭載されるのではないでしょうか。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション