図柄やアルファベット入り?あなたの車のナンバーも変わるかも!?

2種類のナンバープレートが新しく追加

https://annai-center.com/documents/graphic-number.php

最近車で道路を走っていると、珍しいナンバープレートを目にすることはありませんか?皆さんもご存じの通り、2020年の東京オリンピックを前にオリンピックナンバーが平成29年10月10日より交付されました。特に、変更が大きかったのは軽自動車で、いままでは軽自動車のナンバープレートのデザインは黄色に黒字でしたが、寄付金なしの場合は白に緑字となりました。そのため、現在ではナンバープレートにおいて軽自動車と普通乗用車を見分けることが難しくなっています。オリンピックナンバーの交付で、特徴的な新しいナンバープレートの人気が高まっています。
今回は、最近新しく追加された図柄入りナンバープレートとアルファベット入りナンバープレートの2つを紹介します。

①図柄入りナンバープレート

図柄入りナンバープレートとは、ナンバープレートの背景にイラストやロゴなど図柄が含まれている2017年4月に導入された新しいナンバープレートです。以前から原動機付自転車のナンバープレートには、デザインが施されていましたが、自動車用ナンバーとしては初めてとなります。

図柄入りナンバープレートには、2019年に日本にて開催される「ラグビーワールドカップ」の応援を目的とするラグビーナンバーや、2020年の「東京オリンピック」の応援を目的とするオリンピックナンバーも含まれます。オリンピックナンバーにおいては、寄付金の有無によってデザインが異なり、寄付金有りの場合はカラーに緑字のデザイン、寄付金なしの場合は白に緑字のデザインです。

他には、地方版図柄入りナンバープレートも存在します。これは、地方を紹介する目的のイラストがナンバーにデザインされており、41地域の導入が決定しました。

②アルファベット入りナンバープレート

アルファベット入りナンバープレートとは、ナンバーの分類番号にアルファベットが使用されている2018年1月に交付された新しいナンバープレートです。以前からオートバイのナンバープレートには、分類番号が存在しないことから地域名の横にアルファベットの「C」が使用されていましたが、自動車用ナンバーとしては初めてとなります。

分類番号は、ナンバープレートの中でも地域名の横に記載されている3桁の数字です。分類番号は、自動車の種別、及び用途による分類を表す役割があります。例えば、普通乗用自動車であれば「3」からはじまる、「30〜39」もしくは「300〜399」の分類番号が割り当てられます。エンジンの総排気量が660ccを超え、2,000cc以下の小型自動車であれば、「5」もしくは「7」からはじまる「50〜59」「500〜599」「70〜79」「700〜799」の分類番号となります。

図柄入りナンバーについて

http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_tk6_000036.html

図柄入りナンバーが導入された理由

図柄入りナンバープレートが導入された理由は「走る広告塔」と「寄付金の活用」の2つです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら