【ベンツCクラス】グレードごとのカラー徹底比較!価格やリセールバリューの違いまで

メルセデスベンツは代表的な輸入車で、憧れの高級車でもありますよね。エクステリアもインテリアもラグジュアリーでカラーリングも実に美しいものです。しかし、そのカラーラインアップが意外と多種多様であることをご存知ですか?筆者は少し前までベンツのカラーラインアップは白・黒・シルバーの3色だけだと思っていました。国産車に比べて販売店も少なく、なかなかカラーを見比べて比較することができないというのが難点です。グレードごとに無償カラーと有償カラーも異なって、実際に購入を検討するときも混乱してしまいます。今回はそんなわかりづらいベンツのカラーラインアップを代表車種Cクラスで比べて見ようと思います。

多種多様なCクラスのカラーラインアップ

みなさんがよく目にするカラー・色は何色ですか?私はシルバーですかね。ベンツも最近はCMや広告でシルバーを多様していて、ベンツの代表色のようになりつつある気がします。昔から高級車といえばシルバーというような人気もありましたからね。ところが、ベンツにはシルバーがいっぱいあるのです。パッと見じゃわからないような絶妙なカラーリングのシルバーで、購入するときは悩んでしまいますね。まずは、そんなベンツのカラーラインアップとオプション価格を紹介します。ちなみに、ベンツのカラー名は何かに共通している部分があるんですよ。気づきましたか?

ポーラーホワイト

http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/c_class/?owda=misc

全グレード無償カラー

ポーラーホワイトはCクラスの標準カラーです。どのグレードにも無償で用意されています。いわゆる普通の白ですね。現代っぽくてハイテクな印象を受ける、少しカジュアルな白です。標準カラーですので生産数も多く、納期も比較的早い場合が多いのが特徴です。普通の白ですが、シンプルイズベスト。ベンツの塗装は非常に綺麗ですので十分満足できますね。てっきりシルバーが標準カラーなのかと思ってしまいますがそんなことないのですね。

オブシディアンブラック

http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/c_class/?owda=misc

税込93,000円

Cクラスの黒はこのオブシディアンブラックです。かっこいいですよねベンツの黒。高級車の気品が漂っています。他のマグネタイトブラックやコスモスブラックなどよりも深みのある黒です。

イリジウムシルバー

http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/c_class/?owda=misc

税込93,000円

ドイツのナショナルカラー、シルバーです。ひと昔前は高級車のイメージが強くて人気でしたよね。最近はシルバーが人気過ぎたせいで高級車のイメージが薄れてしまいましたが。イリジウムシルバーは他のシルバー系の色よりも鮮やかで煌びやかな印象があります。

モハーべシルバー

http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/c_class/?owda=misc

税込93,000円

こちらもシルバーですが街中でもなかなか見かけませんね。イリジウムシルバーよりも落ち着いた印象で、シャンパンゴールドのような金と銀の中間みたいな色です。アメリカのカリフォルニア州にモハーベ砂漠というものがあるので、砂漠の色をイメージしたのかもしれませんね。

カバンサイトブルー

http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/c_class/?owda=misc

税込93,000円

スポーティーな印象のブルーですが、カバンサイトブルーはベンツらしい落ち着いた雰囲気の深みがあるブルーですよね。筆者はこの暗くて淡い感じの青いカラーが大好きなのですが、あまり人気がないようです。洗車後などは白や黒系よりも光沢が綺麗で楽しいんですけどね。

ブリリアントブルー

http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/c_class/?owda=misc

税込93,000円

カバンサイトブルーに比べて鮮やかで明るいのがブリリアントブルーです。日光に当たると結構真っ青でレーシングな印象を受けます。それでも、昔の国産スポーツカーのような明るすぎる青ではなく、深みや艶を感じられるカラーリングになっています。ベンツのカラーラインアップの中では一番若さを感じるエネルギッシュな色ですね。

エメラルドグリーン

http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/c_class/?owda=misc

税込93,000円

ベンツにしてはかなり奇抜な色ですよね。エメラルドとありますが、どちらかと言うとモスグリーンのような暗い緑です。エメラルド、ここで気づいた人もいるでしょうか。そうです、ベンツのカラー名はほとんどが鉱石の名前から取っているのです。それにしてもこのエメラルドグリーンは絶妙な色ですね。光の当たり方で印象がかなり変わるので、ワックスやコーティングをすると楽しめると思います。

セレナイトグレー

http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/c_class/?owda=misc

税込93,000円

またしてもシルバーと思いきや、これはグレーです。イリジウムシルバーよりも暗い色で、落ち着いた渋い印象を受けます。実際に見ると本当にシルバーではなくグレーで、ほかではあまり見ませんがベンツらしいと感じます。まるで金属をそのまま磨いたような色で、どことなくスポーティーな印象も受けるのが不思議です。

ヒヤシンスレッド

http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/c_class/?owda=misc

税込199,000円(AMGは税込116,000円)

こちらは他のカラーよりも高めに設定されています。ベンツに赤のイメージはあまりないですよね。派手過ぎない品のある赤なのですが、太陽光の下だとオレンジっぽく見えて写真で見るより明るい印象を受けます。赤いベンツが走っていたら一際目を引きますよね。

ダイヤモンドホワイト

http://www.mercedes-benz.jp/passenger/estimate/c_class/?owda=misc

税込199,000円(AMGは税込116,000円)

ヒヤシンスレッド同様に高価なカラーです。ポーラーホワイトよりも若干黄色味がかったパールホワイトのようなカラーです。まるで王宮やお城の外壁のような、本能的に美しいと感じる色で圧倒的な高級感があります。ポーラーホワイトより落ち着いた大人の白ですね。

グレードごとの無償カラーと有償カラー

Cクラスのすごいところはグレードの多さにあります。ベンツの中でも比較的安めでありながら、ユーザーの好みに合わせて様々なグレードが用意されています。中でも、AMGはベンツのスポーツ系サブブランドで同じCクラスでも一味も二味も違う楽しさを味わうことができます。そんなCクラスですから、グレードによって無償カラーと有償カラーが異なるのです。オプション価格はおよそ9万円から20万円ですので、無償か有償かというのは大きいところですよね。グレードによっては用意されていないカラーもあるので、Cクラスの購入を検討する時には絶対に知っておかなければいけないことです。ただ、このグレードごとのカラーラインアップというのが結構わかりづらいんですよね。今回はわかりやすくまとめてみようと思います。

C180

本体価格 排気量 エンジン方式 駆動方式 馬力 ドア数 定員
¥4,550,000 1595cc 直列4気筒BlueDIRECTターボ FR 156 4 5名

無償カラー

ポーラーホワイト

有償カラー

オブシディアンブラック
イリジウムシルバー
モハーベシルバー
カバンサイトブルー
ブリリアントブルー
エメラルドグリーン
セレナイトグレー

C180 AVANTGARDE

本体価格 排気量 エンジン方式 駆動方式 馬力 ドア数 定員
¥4,950,000 1595cc 直列4気筒BlueDIRECTターボ FR 156 4 5名

無償カラー

ポーラーホワイト

有償カラー

オブシディアンブラック
イリジウムシルバー
モハーベシルバー
カバンサイトブルー
ブリリアントブルー
エメラルドグリーン
セレナイトグレー
ヒヤシンスレッド
ダイヤモンドホワイト

C200 AVANTGARDE

本体価格 排気量 エンジン方式 駆動方式 馬力 ドア数 定員
¥5,600,000 1497cc 直列4気筒ターボ FR 184 4 5名

無償カラー

ポーラーホワイト

有償カラー

オブシディアンブラック
イリジウムシルバー
モハーベシルバー
カバンサイトブルー
ブリリアントブルー
エメラルドグリーン
セレナイトグレー
ヒヤシンスレッド
ダイヤモンドホワイト

C200 4MATIC AVANTGARDE

本体価格 排気量 エンジン方式 駆動方式 馬力 ドア数 定員
¥5,880,000 1497cc 直列4気筒ターボ 4WD 184 4 5名

無償カラー

ポーラーホワイト

有償カラー

オブシディアンブラック
イリジウムシルバー
モハーベシルバー
カバンサイトブルー
ブリリアントブルー
エメラルドグリーン
セレナイトグレー
ヒヤシンスレッド
ダイヤモンドホワイト

C220 d AVANTGARDE

本体価格 排気量 エンジン方式 駆動方式 馬力 ドア数 定員
¥5,860,000 1950cc 直列4気筒BlueTEC FR 194 4 5名

無償カラー

ポーラーホワイト

有償カラー

オブシディアンブラック
イリジウムシルバー
モハーベシルバー
カバンサイトブルー
ブリリアントブルー
エメラルドグリーン
セレナイトグレー
ヒヤシンスレッド
ダイヤモンドホワイト

Mededes-AMG C 43 4MATIC

本体価格 排気量 エンジン方式 駆動方式 馬力 ドア数 定員
¥9,590,000 2996cc V型6気筒ツインターボ FR 390 4 5名

無償カラー

ポーラーホワイト
オブシディアンブラック
イリジウムシルバー
モハーベシルバー
ブリリアントブルー
エメラルドグリーン
セレナイトシルバー

有償カラー

ヒヤシンスレッド
ダイヤモンドホワイト

Mededes-AMG C 63

本体価格 排気量 エンジン方式 駆動方式 馬力 ドア数 定員
¥12,350,000 3982cc V型8気筒ツインターボ FR 476 4 5名

無償カラー

ポーラーホワイト
オブシディアンブラック
イリジウムシルバー
ブリリアントブルー
セレナイトシルバー

有償カラー

ダイヤモンドホワイト

Mededes-AMG C 63 S

本体価格 排気量 エンジン方式 駆動方式 馬力 ドア数 定員
¥14,070,000 3982cc V型8気筒ツインターボ FR 510 4 5名

無償カラー

ポーラーホワイト
オブシディアンブラック
イリジウムシルバー
ブリリアントブルー
セレナイトシルバー

有償カラー

ダイヤモンドホワイト

人気カラーとリセールバリューは?

人気なんて関係ない!自分の好きな色を買えばいい!そう思っても、人気カラーはどうしても気になってしまいますよね。リセールバリューのことも考えれば、好きな色よりも人気カラーを買う方が堅実です。そのことを頭の隅に入れた状態で検討した方がいいでしょう。そう思ったら人気カラーも、なんとなくかっこよく見えてきたりします。

人気カラーは最も美しく見えるホワイト

やはり、往年の人気カラーはホワイトです。一番無難ですし、シンプルイズベストです。細部までこだわったデザインのベンツだからこそ、シンプルな白がかっこよく見えるというのもありますよね。また、当然ですが、ポーラーホワイトは全グレードで無償カラーとなっているので人気なのは当たり前ですね。

リセールバリューが高いのは定番のホワイト・ブラック

高く売却できるカラーというのは、中古車販売業者が売りやすいカラーです。つまり、人気カラーであればあるほどリセールバリューは高いのです。ですから、定番カラーのホワイト・ブラックは高く売れます。文字通り「イロモノ」として扱われる青や赤系は比較的買取額が低くなります。しかし、限定カラーやメーカーの代表的なカラー(フェラーリの赤など)は通常よりも高く買い取ってる場合があります。シルバーは定番とイロモノの間くらいですかね。ベンツの場合はシルバーでもドイツ車のナショナルカラーで、ベンツのイメージカラーでもありますが、ホワイト・ブラックに比べると買取額は低くなります。

Cクラスに乗り換えようかなとお考えの方、現在お乗りのお車を高く売るには、今までの売り方とは違う新しい売却のカタチおまかせ出品がおすすめです。