フェアレディZの維持費はどのぐらい?6つの内訳をモデル別で比較!

国産スポーツカーの代名詞とも言えるフェアレディZですが所有した場合、年間どの程度の維持費がかかるかご存知でしょうか。この記事では、フェアレディZの維持費の内訳やフェアレディZのモデルごとの維持費シミュレーションを紹介します。

フェアレディZってどんな車?

フェアレディZは日産が製造、販売しているスポーツカーです。日本では「Z(ゼット)」の愛称で親しまれている、日産を代表する大排気量FRスポーツカーで2019年に生誕50周年を迎えました。国産のスポーツカーとして長年人気のあるフェアレディZですが、どのような車なのでしょうか。この記事ではフェアレディZやフェアレディZの維持費について紹介していきます。

大排気量のFRスポーツモデル

日産のフェアレディZは、長い歴史を持つ大排気量FRスポーツカーです。1969年の初代S30型の誕生以来、国産スポーツカーとして進化し続けてきました。欧州車のような高級感のあるスタイリングと高いスペックを持ちながら、欧州車よりも安価だったことからヒットしました。

海外で大人気

フェアレディZは海外でも高い人気を誇ります。初代のS30型は9年という短い販売期間ながら、グローバルで約52万台が販売されました。日本のみならず世界各地にオーナーが存在し、その存在価値は世界でも高いものとなっています。

フェアレディZにかかる年間維持費の内訳6つ

フェアレディZを所有すると年間ではどのくらいの維持費がかかるのでしょうか。車を所有する場合に気になるのが維持費です。ここではフェアレディZにかかる年間維持費の内訳6つを紹介します。

維持費の内訳1:任意保険

フェアレディZの維持費の1つは、強制保険ではなくオーナーそれぞれの裁量で加入する任意保険料です。自動車保険には車を所有する場合に必ず加入しなければいけない自賠責保険と、任意保険の2種類があります。任意保険にはさまざまな種類があり、保険料や補償範囲は種類により異なります。任意保険は車を所有していることによる、あらゆるトラブルを解決するために強制保険ではカバーしきれない内容を補う役割です。

維持費の内訳2:自動車税

フェアレディZの維持費の1つは、総排気量によって課税される自動車税です。自動車税は車の排気量0.5リッター刻みで金額が設定されており、普通自動車の場合は25,000円から110,000円程度になります。フェアレディZの場合は総排気量は3.696Lとなるため、1年間あたりの自動車税は65,500円となります。また、フェアレディZはエコカー減税の対象ではないため、税金免除措置は受けられません。

維持費の内訳3:車検費用

フェアレディZの維持費の1つは、初回は3年、その後は2年ごとに受ける必要がある車検費用です。クラシックなフェアレディZや長年乗っているフェアレディZの場合、部品交換やオイル交換、タイヤ交換などの費用が多くかかるケースも発生します。

維持費の内訳4:重量税

フェアレディZの維持費の1つは、車の重量と経過年数に応じて課税される重量税です。自家用車の場合、重量0.5トン刻みに金額が設定されています。支払いの際には次回の車検までの期間分をまとめて支払うことになるため、2年分もしくは3年分纏めて納税する必要があります。フェアレディZの場合、バージョンとオプションによって重量が異なり、購入時に払う重量税が3年分で36,900円〜49,200円、車検時には2年分として24,600円〜32,800円支払うことになります。

維持費の内訳5:自賠責保険

フェアレディZの維持費の1つは、必ず加入しなければいけない強制保険である自賠責保険料です。自賠責保険は車で公道を走る場合は必ず加入する必要がある保険です。自動車だけでなくバイクの場合も加入する必要があり、保険料はそれぞれ一律で決められています。自賠責保険料は車検の際に納税する必要があり、交通事故が発生した場合の対人補償を行ってくれます。

維持費の内訳6:ガソリン代

フェアレディZの維持費の1つは、普通車よりも高額になるガソリン代です。フェアレディはハイオク仕様となっているため、ガソリン価格は他の普通車などと比較して高額になります。燃費性能はモデルによって若干異なり、カタログ燃費で9.0km/L〜9.2km/Lとなっています。

歴代フェアレディZの維持費はどの程度なのか

フェアレディZを年代別にみるとどの程度の維持費がかかるのでしょうか。フェアレディはシリーズによっても維持費が変わってきます。決して安くはないフェアレディZの維持費ですが、ここではZ32、Z33、Z34での維持費についてシミュレーションします。なお、任意保険に関しては加入者の年齢や状況によって変動するため、今回は一覧から除外します。

Z32の場合

Z32の年間維持費は年間330,000円程度になります。Z32系と呼ばれているフェアレディZは4代目にあたります。Z32の維持費は、自動車税、車検費用、重量税、自賠責保険料、ガソリン代合わせて年間330,000円程度になるでしょう。

Z33の場合

Z33の年間維持費は年間300,000円程度になります。Z33系と呼ばれているフェアレディZは5代目にあたります。Z33の維持費は、自動車税、車検費用、重量税、自賠責保険料、ガソリン代合わせて年間300,000円程度になるでしょう。

Z34の場合

Z34の年間維持費は年間320,000円程度になります。Z34系と呼ばれているフェアレディZは6代目にあたります。Z34の維持費は、自動車税、車検費用、重量税、自賠責保険料、ガソリン代合わせて年間320,000円程度になるでしょう。

フェアレディZに乗る際に気をつけたいポイント3つ

フェアレディZに乗る場合、3つの注意ポイントがあります。フェアレディZは普通車と異なり消耗しやすい部分があるため、フェアレディZに乗る場合には気を付けておく方が良いでしょう。ここではフェアレディZに乗る際に気をつけたいポイント3つを紹介します。

ポイント1:タイヤ代

タイヤ交換に6万円程度かかるケースがあります。タイヤはパンクなどのトラブルがなければ、車検に合わせて2年に一度程度の交換になるでしょう。ただし、車検のタイミングだとタイヤ交換だけで費用が6万円以上かかる場合があるため、注意が必要です。

ポイント2:消耗部品

フェアレディZは消耗部品の交換が多くなるケースがあります。フェアレディZに限らず、車にはオイルフィルターやバッテリーなど走行するごとに消耗していく部品があります。そのため交換に費用がかかりますが、年代物のフェアレディZの場合、交換部品を取り寄せることがあり、交換の費用が高くなることがあるので注意しましょう。

ポイント3:故障しやすい部品

フェアレディZには故障しやすい部品があります。走行の際に負担がかかりやすい部分などは比較的故障も多くなります。車検や定期点検の後だからといって、メンテナンスを怠らないようにしましょう。中には修理に高額な費用もかかるケースもあるため、注意が必要です。

フェアレディZの維持費をしっかり把握しよう

フェアレディZは魅力的なスポーツカーですが、維持費がかる点には注意が必要です。国産スポーツカーの代名詞とも呼べるフェアレディZは、年代が古い分だけ税金が増額されたり、故障しやすいパーツもあるため、どうしても高額な維持費が必要になります。フェアレディZの購入を検討している方は、維持費についてもしっかりと検討してから購入するようにしましょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら