トヨタセーフティセンスの5つの特徴!身の回りにある危険を見つけ出す!

トヨタセーフティセンスとは、トヨタ独自が取り組む事故防止のための先進安全技術です。ドライバーが安全に快適に運転するための機能で、自動ブレーキやハンドルサポートなど様々な機能があります。トヨタセーフティセンスの機能や性能についてまとめています。

トヨタセーフティセンスとは

トヨタセーフティセンスとは、トヨタが独自に取り組む事故防止のための、最先端の予防安全サポートです。例えば、高速道路を走行する際は、ハンドル操作のサポート、前の車との車間を一定に保つサポート技術が効果を発揮し、街中を走行する時は、自動ブレーキや標識を読み込んでくれる機能が運転を助けます。様々な利用シーンを想定し、様々な角度から事故を防止するサポートがあるのが魅力のサービスです。

トヨタの安全技術

トヨタセーフティセンスで使用されている安全技術は、未然に事故を防ぐための先進技術と、事故を起こしたときの被害を抑えるための機能を兼ね備えています。被害軽減ブレーキ、踏み間違い時サポートブレーキ、車線はみ出しアラートや自動ハイビームなどのサポートがあります。 交通事故によって亡くなる人や、負傷する人を少なくするために、さまざまなシーンでのリスクに応えられるよう進化し続けています。

トヨタセーフティセンスの7つの特徴

トヨタセーフティセンスの具体的な7つの特徴について説明していきます。利用シーンごとに特化した様々なサポートがあります。

トヨタセーフティセンス特徴1:駐車時の危険に対応

トヨタセーフティセンス特徴1つ目は、駐車時の危険に対応する、駐車時支援機能インテリジェントクリアランスソナーです。前後4つずつ、計8つのセンサーが障害物を検知し、アクセルとブレーキの踏み間違いの際に、警報と自動ブレーキがかかります。それにより、衝突を緩和し、被害軽減をサポートします。また、カメラではなくソナー(超音波)により障害物を検知するので、コンビニなどの透明ガラスの壁面も、しっかりとらえることができます。

トヨタセーフティセンス特徴2:衝突の危険性を事前に察知

トヨタセーフティセンス特徴2つ目は、衝突の危険性を事前に察知するプリクラッシュセーフティです。広い速度域で、警報とブレーキアシストおよび衝突回避をサポートしてくれます。単眼カメラとミリ波レーダーにより、広範囲の人や先行車を認識し、自動でブレーキがかかります。また、夜間時の運転や見通しの悪い交差点でも、歩行者や自転車、対向車の検知が可能になっています。

トヨタセーフティセンス特徴3:走行時のハンドル操作をサポート

トヨタセーフティセンスの3つ目の特徴は、走行時のハンドル操作をサポートしてくれる、レーントレーシングアシスト機能です。レーントレーシングアシストは、車線からはみ出さないように、車線中央を走行するために必要なハンドル操作をサポートしてくれます。また、ドライバーのふらつきを検知した場合は、休憩を促すディスプレイを表示してくれます。

トヨタセーフティセンス特徴4:自動ハイビーム

トヨタセーフティセンス特徴4つ目は、自動的にライトを当ててくれる、アダプティブハイビームシステムです。アダプティブハイビームシステムは、先行車や対向車を認識し、ヘッドライトの調節を自動で行ってくれます。夜間に走行している時に使える機能で、暗い道や視界が悪い場所で役立つサービスでしょう。また、ハイビームによって視界が明るくなり、視野も広がるため、歩行者などの早期発見にもつながります。

トヨタセーフティセンス特徴5:追従ドライブ支援機能

トヨタセーフティセンス特徴5つ目は、追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール)です。レーダークルーズコントロールは、車同士の距離を適切に保てるように、速度を自動で調整する機能です。高速道路での渋滞時など、速度が低い場合でも、先行車にあわせて速度を調節します。また、先行車が停止した場合は距離を保った状態で自動停止し、先行車がいない場合は、設定速度で走行を続けることが可能です。

トヨタセーフティセンス特徴6:雨天時の滑りやすい道のサポート

雨天時の滑りやすい道のサポートをする機能には、横滑り制御機能(VSC)とタイヤ空転抑制機能(TRC)があります。横滑り制御機能(VSC)は、ブレーキとタイヤを自動コントロールし、車両を安定させてくれます。雨で路面が滑るときなどに役立つサポートです。タイヤ空転抑制機能(TRC)では、アクセル操作を簡単にするために、発進や加速の際にタイヤの空転を抑える機能があります。

トヨタセーフティセンス特徴7:衝突時の危険を減らす

衝突時の危険を減らす安全機能が、セカンダリーコリジョンブレーキです。セカンダリーコリジョンブレーキは、衝突によりエアバッグが作動したときに、ブレーキと制動灯を自動制御する機能です。事故が起きてしまったときに、ドライバーの安全を確保してくれるだけでなく、他の車にも緊急事態を伝えることで2次被害を防いでくれるでしょう。

トヨタセーフティセンスのパッケージ

トヨタセーフティセンスのパッケージとは、トヨタ独自の安全技術として、様々な事故に対応する機能を集約したものです。簡単に言い換えると、様々な安全機能が揃ったセットです。車種によって搭載されているパッケージ内容は異なりますが、追加で備えたい装備があれば、オプションで付けることが可能な場合もあります。ここからは、トヨタセーフティセンスCとトヨタセーフティセンスPについて紹介するので、参考にしてみてください。

トヨタセーフティセンスC

トヨタセーフティセンスCは、レーダーとカメラを用いて周囲の安全を認識するものです。衝突を予防するプリクラッシュセーフティシステム、白線を認識するレーンディパーチャーアラート、自動でライトを切り替えるオートマチックハイビームセンサーの3つがパッケージに組み込まれています。

トヨタセーフティセンスP

トヨタセーフティセンスPは、4つの安全予防機能が集約された、先進の予防安全パッケージです。具体的には、プリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームセンサーといったトヨタセーフティセンスCにある機能に加え、車間距離を保つレーダークルーズコントロールが搭載されています。

トヨタセーフティセンスCとPの違い


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら