【日産アトラス】サイズや特徴、気になる価格など

日産アトラスは日産の発売しているトラックの中では一番人気のトラックです。あのプリウスと同じエンジンを使わずモーターで走ることのできるパラレル方式を仕様しています。今回は日産アトラスのみなさんが気になる燃費、サイズなどの情報をまとめてみました。


日産アトラスの特徴

日産のトラック「アトラス」とは?

アトラスは、日産自動車が販売する小型および中型のトラックです。11.5トン積クラスと2.04.0トン積クラスの二種類がラインナップされています。

1982年の登場から現在に至るまで、日産自動車のトラックとして活躍してきました。

ボディサイズは全長44606840mm全幅16952180mm全高16952550mm、搭載エンジンは排気量16005200ccと、幅広いラインナップがあります。「アトラス」は、「いすゞ自動車」や「三菱ふそう」とOEM提携を行っており、アトラスの基本構造やエンジンスペックは「いすゞ・エルフ」や「三菱キャンター」と共通です。日産自動車による新車希望販売価格は、3,994,200 5,721,450円です。

室内の収納性

日産・アトラスの特徴は、室内の高い収納性です。仕事車両として利用されることが多いアトラスには便利な収納スペースを装備しています。ビジネスに必要な書類や地図類などをいちばん使いやすい場所に収納できるように、利便性の高いインテリアデザインが採用されました。車内に無駄なスペースがないように、いくつもの小物入れが標準装備されています。

トラックなのに快適な空間

日産・アトラスは、ドライバーが気持ち良く仕事ができるように、居住性にも気配りされたトッラクです。大きなドア開口部と大型ドアサイドステップの装備により、乗降性が大幅に向上しています。頭上や足元のスペースに余裕をもたせた広くて快適なキャビンにより、開放的でゆったりとくつろげる室内空間を実現しました。また、ホールドとサポート性に優れた快適なシートは、走行時に安定した姿勢をキープし、最適なドライビングポジションを提供します。

日産アトラスの歴代モデル’’

1.01.5トン積クラスと2.04.0トン積クラスの二種類がラインナップされているので、それぞれの歴代モデルを分けて紹介します。

1.0-1.5tクラス

初代 F22型系(1982-1992年)日産キャブスターの後継モデルとして誕生しました。

2代目 F23型系(1992-2007年)15年間製造販売されています。

3代目 F24型系(2007)現行型です。プラットフォームは、新開発のLDTプラットフォームが採用されました。

2.0-4.0tクラス

初代 H40型系(1981-1992年)アトラス200300の名称で販売されています。

2代目 H41型系(1991-1995年)搭載エンジンはFD46FD42BD30のディーゼルエンジン3機種になりました。

3代目 H42型系(1995-2007年)いすゞ自動車「エルフ」のOEM供給車両です。

4代目 H43型系(2007-2012年)H42型同様、いすゞ「エルフ」のOEM供給車両です。

5代目 H44型(2013 現行型です。車種名をNT450アトラス」に改名しました。

日産アトラス歴代モデルの中古車価格

全モデルの平均価格は131.5万円です。中古車価格の相場は、30449万円です。

1.0-1.5tクラス

初代 F22型系(1982-1992年)不明

2代目 F23型系(1992-2007年)30297万円

3代目 F24型系(200798449万円

2.0-4.0tクラス

初代 H40型系(1981-1992年)不明

2代目 H41型系(1991-1995年)44138万円


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら