【スバルサンバートラック】特徴と歴代車種について

スバルサンバーは軽トラックの中でも有名で長い歴史を持つ車種です。残念ながら2012年に生産終了してしまいましたが世界から農道のポルシェと呼ばれる理由、今回はスバルサンバーの歴代車種、特徴について比較しながら考察していきます。


スバルサンバートラックの特徴について

スバルの「もうひとつの名車」

車好きに「農道のポルシェ」と敬意を込めて呼ばれたスバルサンバー。現在でも販売されていますが、2012年以降はダイハツからのOEMのため、それまでの車とは全く違うものとなっています。

スバル生産のサンバー、累計生産台数は、1961年からの50年間で約364万台にのぼります。ここまで支持された理由は、軽とはいえ手を抜かない、技術のスバルらしいこだわりが随所にみられるからです。

「ポルシェ」である所以

サンバーは、発売当初よりリアエンド床下にエンジンを横置きに搭載する「リアエンジン」レイアウトを採用しています。このため車高の高い軽トラックでも安定感が増し、高速走行時にも安定した走りができます。また、四つのタイヤが独立して動く「四輪独立懸架方式」を採用しているためクッション性に優れ、人には乗り心地がよく、貨物は優しく運ぶことが可能になりました。このようなパワートレインレイアウト、サスペンション形式をとっている車には356以来のポルシェがあります。「農道のポルシェ」の別名は、ここから来ています。

際立つ独創性

スバルの独創性は、軽にも十分に発揮されています。サンバーは1980年に通常型軽トラック・軽キャブオーバーバンとして初めて四輪駆動方式を採用し、1990年代からはスーパーチャージャー(エアポンプで空気をエンジン内に押し込む仕組み)装備モデルが設定されています。こうした革新的な取り組みから、サンバーには熱烈なファンが存在しています。

スバルサンバートラックの歴代モデル

サンバーのモデルは、大きく次の7期に分けられます。

初代(1961-1966年)通称「クチビルサンバー」。

2代目(1966-1973年)通称「ニューサンバー」。

3代目(1973-1982年)通称「剛力(ごうりき)サンバー」]

4代目(1982-1990年)ここから、RV志向の「サンバートライ」と、純商用の「サンバーバン」に。

5代目(1990-1999年)上位グレードとして「ディアス」が登場。「サンバートライ」は後に「サンバーディアス」に。

 

6代目(1999-201220088月、SUBARU発売50周年記念としてディアスワゴン特別仕様車が発売。

2011年7月27日、発売50周年記念特別仕様車「WR BLUE LIMITED」を発売

7代目(2012現在)ダイハツのOEMになる。

スバルサンバートラックの歴代モデルの中古車価格

軽トラックの場合、新車は高い、中古は安いという常識が当てはまらないので注意が必要。ニーズは常に一定数あり、一方市場に出まわる品数が少ないため、価格が下がりません。乗り換え需要が多い乗用車との違いといえます。10年落ち10万キロ超の条件であれば、乗用車より軽トラの方が高いこともあるそうです。

また、限定生産の「WR BLUE LIMITED」にはプレミアが付いています。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら