【10モデル別】ベントレー車の内装の特徴|新型フライングスパーの特徴

ベントレー車は最適な革がとれる牛を探し、1枚の革から正確に切り取ってそれぞれ10のモデルに使用するというこだわり抜いた内装を手掛けています。モデル別のこだわりやベントレー車の内装の特徴を詳しく知り、購入前の参考にしましょう。

ベントレーとはどんな会社?

イギリスに本社があるベントレー(Bentley)は、高級車やスポーツカー、そして香水の販売会社です。ベントレーは、1919年にウォルター・オーウェン・ベントレーがロンドンで設立した会社です。その後、1931年にはロールス・ロイスに買収され、1998年からはドイツのフォルクスワーゲングループ傘下フォルクスワーゲン部門に所属しています。ベントレーは、数々の名車を生み出している会社としても有名です。

【10モデル別】ベントレー車の内装の特徴

ベントレー車の特徴は、何と言ってもその内装です。ベントレー車は、ル・マン・24時間レースで複数回優勝した実績を持ち、世界の富裕層から支持されています。さらに、フォルクスワーゲン傘下に入ってからは、エリザベス2世女王の公務専用車として採用されています。ベントレー車は内装が豪華で、気品に溢れたきらびやかさがあります。そのラグジュアリーなインテリアデザインは、特筆すべき特徴でしょう。

内装の特徴1:ミュルザンヌ スピード

ベントレーミュルザンヌ スピードの内外装は、特別な2モデルディテールです。内外装各所にハンドクラフトの装飾が品よく施されたミュルザンヌ スピードは、ベントレービスポーク部門のマリナーが手掛けています。材料は高級で加工が難しく、内装には上質な革を使用しています。製造は手作業で行われているため、その価格は3,000万円を超えると言われます。

内装の特徴2:ミュルザンヌ

ミュルザンヌの内装は、究極のラグジュアリーとパワーを誇っています。ベントレーミュルザンヌの内装には、本物の材料が使用されています。その美しいデザインに溶け込む装備テクノロジーは、最高のラグジュアリーとスタイルを実現しています。内装が美しいだけでなく、運転していても後部座席に座っていても比類ないドライブを体験する事ができます。逞しく印象的な外観は、ステンレススチール製の垂直ベーンが採用されています。

内装の特徴3:新型フライングスパー

新型フライングスパーの内装は、とても凝ったものになっています。1台2,600万円以上といわれるベントレー新型フライングスパーの内装は、1台あたりに3km以上の糸を使用しています。種類の異なる数個のミシンで、350片のレザーパーツを114名の職人で60個の部品に縫製しています。さらに、熟練職人の手によって数時間をかけて丹念に仕上げられた5103個ものステッチが、車の価値を高めていると言えるでしょう。

内装の特徴4:新型コンチネンタルGT V8

新型コンチネンタルGT V8の内装は、豪華で革新的です。また、洗練された極上のグランドツーリングを可能にします。新型コンチネンタルGT V8の内装は優美で、最高品質のレザーや環境に配慮した希少なウッドパネル天然素材を採用しています。20通りもあるレザーシートの調節は洗練性と快適性に優れ、さらにステッチの美しいシートはカラーも豊富です。

内装の特徴5:コンチネンタルGT V8 コンバーチブル

ベントレー新型コンチネンタル GT V8コンバーチブルは、優美に作りこまれ、洗練されたエレガントな内装が特徴的です。まるで、車の外の世界が回転しているかのような錯覚を与える程の幸福感で満たされています。さらに、ラグジュアリーなクーペは、ボタン操作でオープントップグランドツアラーへと変身します。

内装の特徴6:コンチネンタル GT

ベントレーコンチネンタル GTの内装は、上品で贅沢です。コンチネンタル GTの内装は、伝統的素材と現代的素材にベントレークラフツマンシップと最新生産技術を合わせ、多種多様なオプションを実現しています。インテリアは15色のハイドと4パターンのデュオトーンカラースプリットから選ぶことができます。デザインは対称的なベントレーウィングドエンブレムを中心に、キャビン全体にウッドパネルをあしらっています。

内装の特徴7:コンチネンタル GT コンバーチブル

コンチネンタル GT コンバーチブルの内装は、気品に溢れています。コンチネンタル GT コンバーチブルの気品溢れる内装には、天然素材を活かすベントレーの技術がふんだんに盛り込まれています。1台に10平方メートル以上の木材を用い、最高品質の天然レザーやKoaやDark Fiddleback Eucalyptusなどのウッドパネルを採用しています。デュアルウッドパネルや木製ステアリングホイールも選択可能です。

内装の特徴8:ベンテイガ

ベンテイガの内装は、ラグジュアリーです。ベンテイガは、リアの足まわりスペースを拡大し、10.9インチスクリーンを搭載する次世代インフォテインメントシステムを採用しています。そして、洗練された内装インテリアもまた、ベントレーの熟練クラフツマンたちの手によって快適に仕上げられています。

内装の特徴9:ベンテイガ V8

ベンテイガ V8の内装は、精緻な造り込みがなされています。世界最高のSUVといわれるベンテイガの内装は、乗る人を極上の快適さで包み込む最高のラグジュアリーと、細部まで行き届いた繊細な心遣いがなされています。ベントレーウィングを基本に、柔らかなレザーや天然木ウッドパネルなど高品質の材料を採用した技術の粋が、ベンテイガのドライビングエクスペリエンスの多面性を発揮させています。

内装の特徴10:ベンテイガ スピード

ベンテイガ スピードの内装は、優雅なデザインが特徴です。ベンテイガ スピードの内装には英国のモダンデザインが濃縮されています。手触りの良さに定評のあるアルカンターラは、ベンテイガのシートに初めて導入された極上の生地です。ベンテイガ スピードは、全て英国クルーでハンドクラフトされています。躍動感あふれる優雅なデザインは、ロアコンソールやシートクッション、ドアやドアハンドル回りなどに取り入れられています。

【3パーツ別】ベントレー車の内装のカスタム方法

ベントレー車の内装は、初心者でもカスタム可能と言われています。内装をカスタムすることで、気分転換や新たな乗り心地を体感することが可能になります。ベントレーは、高級車でありながら初心者でもカスタムできる可能性があり、長く愛用することができる車です。ここからは、塗装や組付けなどでガラッと印象の変わる内装カスタムについて、パーツ別の方法をそれぞれご紹介していきます。

内装のカスタム方法1:パネル

  • 塗装する
  • 水圧転写でペイントする

1つ目は、パネルのカスタム方法です。

メーター類が設置されるパネル(instrument panel)は、助手席側も含めたパネル全体を表しています。パネルは塗装したり、水圧転写でもペイントしたりすることが可能です。塗装ではラッピングでよくある「ノリ剥がれ」ということもありませんし、プロの塗装屋さんに依頼することもできます。丁寧にばらした後に綺麗に塗装して、傷を付けないように慎重に取り付けを行いましょう。

内装のカスタム方法2:ルームランプ

  • LEDに交換する
  • お洒落なパーツに交換する

2つ目は、ルームランプのカスタム方法です。

ベントレー車の内装のルームランプは、取り外してLEDなどに交換する事が可能です。また、カスタムパーツも種類が豊富です。LEDはもちろん、車のドアを開くと地面にベントレーのロゴが映るというお洒落なパーツも人気があります。

内装のカスタム方法3:ブレーキカバー

  • キャリパーカラーを変える
  • パッドを交換する

3つ目は、ブレーキカバーのカスタムです。

ブレーキカバーは定期的な点検とメンテナンスが必要で、交換せずに放っておくと事故に繋がることもあるので注意が必要です。カスタムでも、新しいものを丁寧に取り付けましょう。性能の良い物は、ブレーキ鳴きが起こりにくく、低ダストになっています。アルミを外して、新しいものに交換してください。

ベントレー社が行う内装の製造方法2つ

ベントレー社の特徴は、独自の内装の製造方法を行っていることです。前述のように、ベントレー車の内装は品が良くラグジュアリーなため、富裕層から支持されています。そして、その製造方法こそが、ベントレー車の内装を最高峰の品質にしている所以です。ここでは、標準装備されている豪華装備の製造方法をご紹介いたします。

内装の製造方法1:内装に最適な革がとれる牛を探す

ベントレー車は、内装に最適な牛の皮を使用します。驚くべきことに、ベントレーの自動車メーカー工場では、ブランドに最適な革を見つけるために社員を世界各地に派遣しています。フォルクスワーゲングループ傘下でも最高級車メーカーであるベントレー車は、乗る人が直接触れる「柔らかい部分」の内装に、今でも手作業による製造が行なわれています。

内装の製造方法2:1枚の革から正確に切り抜く

端切れが出ないよう、1枚の牛革から正確にパーツを切り抜く技術もベントレー社の車づくりの特徴です。工場には数台のレザーカッターがありますが、コンピューター制御で革を裁断し、ドアパネルやシート、ステアリングに使われる複雑な形状の革の裁断作業を行っています。1枚の革を無駄なく正確に切り抜き、端切れはリサイクルしています。工場では約4,000人以上の従業員が24時間体制で、革や木工品の製造を行っています。

ベントレーの内装を知って購入の参考にしよう

ベントレー車のインテリアは世界でもトップクラスと言われており、そのエレガントで上質な内装は、製造に必要な膨大な技術を習得した熟練の職人の手作業によるものです。北欧産の雄牛を使用したレザーハイドは、最高の肌触りで乗る人を魅了しています。ベントレーの数々の車は、まさに熟練職人の技術の賜物と言ってよいでしょう。ぜひベントレー車の素晴らしい内装を知り、購入の参考にして下さい。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら