都内の駐車場を安く利用する裏技3選 無料も!

皆さんは、B-timesというサービスをご存知でしょうか?
B-timesは、全国の空いている駐車スペースをwebからの予約で1日利用できる駐車場シェアリングサービスです。webからの予約が必要のため、事前の登録は必要ですが、現金要らずというメリットもあります。B-timesを利用すれば、駐車場を利用するために小銭を準備する必要もなくなります。

また、シェアリングサービスのため、日によっては空いていないこともありますが、長時間駐車場を利用するのであれば通常のコインパーキングより断然お得です。例えば、東京ディズニーランドに車で行きたいと考えたときに、頭を悩ませるのは駐車場の値段です。東京ディズニーランドの公式駐車場は、平日2500円、休日3000円とかなり高くなります。駐車場代だけで、入園チケットの半分にもなるので、悩みどころでしょう。しかし、B-timesを利用すれば駐車場の位置は少し遠くなりますが、750円で1日駐車することができます。休みの日であれば、2250円の節約術となります。

B-times公式サイト ▶︎

裏技②:駐車場検索アプリを活用する

都内の駐車場を安く使う裏技として、駐車場検索アプリを活用するという方法があります。

駐車場を利用するときに、ネットで調べた駐車場もしくはカーナビで出てきた駐車場にとめてしまう方は多いと思います。しかし、その駐車場はあなたにとって最適なものだったのでしょうか?駐車場に車をとめた後、とめた所よりも安くて近い駐車場を発見してしまったという経験がある方は多いと思います。損をしたと感じると、その後のお出かけはつまらなくなってしまいます。
そのようなことを防ぐために、スマホの駐車場検索アプリ「PPPark」を紹介します。これは、周辺の駐車場がスマホ上でわかるだけでなく、最安値の駐車場が一目でわかります。さらに、駐車場が満車の場合はリアルタイムで表示してくれるため、自分に最適な駐車場を見つけることができます。
駐車場検索アプリ「PPPark」の詳細 ▶︎

裏技③:パーキングメーターの利用

都内の駐車場を安く使う裏技として、パーキングメーターを利用するという方法があります。

パーキングメーターの正式名称は、時間制限駐車区間です。60分や30分といった制限付きではありますが、指定された道路の端に300円程度で駐車できるシステムのことです。これは、制限はあるものの短時間しか利用しない方にとっては、通常のコインパーキングよりも安くなります。例えば、東京タワー周辺のコインパーキングの値段は、30分500円です。しかし、東京タワーの近くに設置されているパーキングメーターを利用すれば60分300円で利用することができます。ただし、パーキングメーターは事前に支払う必要があるため小銭の準備が必要となります。

都内の駐車場を賢く利用しよう

今回は、都内の駐車場を無料で利用できる方法と安く利用する方法を紹介しました。駐車場の値段は、ドライブにかかる費用の中でもかなり高額となるため、少しでも節約できるなら安く抑えたいものです。少しでも駐車場代を安くできれば、お出かけでプチ贅沢ができ彼女や家族を喜ばせることができます。ぜひ、ヒルズカードや駐車場アプリを上手に利用して、カーライフを豊かにしてみてください。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら