【東京五輪渋滞予想マップ】首都高値上げで東京は阿鼻叫喚の嵐

2020年東京オリンピックも着々と準備が進められ、開催が決定されてからあっという間に時が経ちましたね。振り返ればいろいろな問題がありました。ロゴのパクリや競技場の予算問題、サマータイム導入やブラックボランティア問題などなど。さらには猛暑に打ち水で対応しようという対策までありました。2020年の夏、東京は一体どうなってしまうのでしょう。そんな中、意外と話題にならないのが東京オリンピック期間中の渋滞問題ではないでしょうか。 よく考えてみてください。東京では毎日のようにどこかしらで渋滞を引き起こし、電車も満員で遅延も日常茶飯事。そんな東京に訪日外国人が押し寄せ、地方からも観光客がわんさかやってきます。オリンピック期間では、延べ1500万人の来場者が訪れると言います。東京の日中人口はおよそ1550万人ですから、そのスケール感はなんとなく想像できますでしょうか。今回は、そこで巻き起こる様々な問題と対策によって考えられる弊害をまとめていきたいと思います。

東京オリンピックで渋滞するのはここだ

https://www.2020games.metro.tokyo.jp/2df78c4cce1f888f77143fc5317ff528_1.pdf

まず気になるのは東京で渋滞する場所ではないでしょうか。一般道の渋滞予想を見ると、選手村や競技会場が集中している東京ベイゾーンが真っ赤になっています。さらに、東京の中心部から郊外にまで渋滞は予想されています。これは一般道の渋滞予想ですが、電車などの公共交通機関や高速道路も混乱が予想されます。東京という都市は世界的に見てもかなり特殊な街です。そんな大都市東京でオリンピックを開催すること自体がすごく強引なことなのですが、その計画の内容も少々問題があるのです。

中途半端なコンパクトオリンピックの弊害

覚えていますか?2020年オリンピックの開催地を勝ち取る時のアピールポイント。「世界一コンパクトなオリンピック」でしたよね。しかし、東京オリンピック・パラリンピックの大会運営費用や会場整備費用は当初計画していた3013億円の6倍の1兆8000億円に拡大しました。あまりにも見当違いな予算計画によって、コンパクトオリンピックは崩壊。建設費用を抑えるべく、会場は埼玉スーパーアリーナなど、地方に散らばって行きました。観客や選手は広範囲での移動を余儀無くされるわけですが、それでも選手村や会場は東京ベイゾーンに集中しているので、広範囲の交通抑制に加えて東京ベイゾーンの規制も重点的に行わなければいけないという複雑な状況になっています。普段東京が混雑するのは都心だけではないですからね。中央自動車道やJR中央線など郊外の大動脈まで詰まらせるなんてたまったもんじゃないです。

観客は通勤客の1割ほどだけどターミナル駅は大混乱

https://matome.naver.jp/odai/2141942861533679401/2141961239389550603

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら